見出し画像

【web3事例DB】1/25更新: 産債権に特化した取引所のGTX、ゼロ知識証明の構築を容易にするマーケットプレイスの=nil; Foundation等

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の1/25分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$1M(約1億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。

また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、1/25更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

1/25の更新情報

今週の更新分では、以下の20件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Architect: $5,000,000(1/21)

  • Candy Digital: $38,000,000(1/20)

  • Plai Labs: $32,000,000(1/20)

  • SphereOne: $2,500,000(1/20)

  • Neopets: $4,000,000(1/20)

  • Syky: $9,500,000(1/19)

  • =nil; Foundation: $22,000,000(1/19)

  • FilSwan: $3,000,000(1/19)

  • Obligate: $4,000,000(1/19)

  • Metahood: $3,000,000(1/19)

  • Intella X: $12,000,000(1/18)

  • Carry1st: $27,000,000(1/18)

  • Arch: $2,750,000(1/18)

  • Blue: $3,200,000(1/18)

  • Obol Labs: $12,500,000(1/18)

  • Parfin: $15,000,000(1/18)

  • pieFi: $4,600,000(1/17)

  • Createra: $10,000,000(1/17)

  • GTX: $25,000,000(1/16)

  • Nümi: $20,000,000(1/12)

今日もこの中から2件、注目のプロジェクトをご紹介します。

1/25更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

破産債権に特化した取引所 GTX

GTXは、シンガポールに拠点を置く大手の暗号資産ヘッジファンド3AC(Three Allows Capital)共同創業者であるスー・チュー氏とカイル・デイビス氏が破産債権に特化した取引所を運営しています。

暗号資産取引所FTXの破産により発生した100万人以上の行き場のない債権者にフォーカスした取引所です。

ゼロ知識証明の構築を容易にするマーケットプレイス =nil; Foundation

=nil; Foundationは、暗号資産プロトコルが、ゼロ知識証明(ZKプルーフ)の作成を外部委託できるようにする「Proof Marketplace」を構築しています。

ZKプルーフを必要とするレイヤー1&2のブロックチェーンとプロトコルは、中央集権型のブローカーに依存することなく、信頼できるサードパーティに生成してもらうことができます。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

ここから先は

266字

¥ 50,000

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!