見出し画像

Q. 著者が定期購読中のnote・まぐまぐは?

Q. 著者が定期購読中のnote・まぐまぐは?

A. 6つのnote・まぐまぐを定期購読しています。

イセオサムさん、梅木雄平さんが、#サブスクレビューとして、ご自身で課金購読しているサブスクリプションサービスを公開していたので、私もその波に乗ってみたいと思います。

僕が課金しているサブスクサービス全30個まとめ。【断捨離用】 #サブスクレビュー

サブスク好きな梅木雄平のサブスク利用額は月額◯万円:利用中サービス12個と解約済サービス8個を解説 #サブスクレビュー

私は普段アメリカにいるので、課金型のサブスクリプションサービスで購読しているのは、英語圏のものばかりなのであまり参考にならないかもしれません。
そこで、今回は私が課金購読している「note」と「まぐまぐ」のコンテンツを紹介したいと思います。

その前に... noteやまぐまぐ以外で継続課金しているものは以下の二つです。


NewsPicks(1,500円/月)

News Picksは、かなり以前から有料サービスを購読しています。

日経新聞でいうところの「私の履歴書」に相当するコーナーが個人的にはお気に入りですが、最近オリジナルの記事の質がイマイチ落ちてきている気もするので、以前のようにクオリティの高い記事に戻ることを個人的には期待しています。 


dマガジン(432円/月)

dマガジンは、もうかなり昔から継続的に購読しています。海外に住んでいることもあって日本の雑誌を読みたい時にいつでも読めるというのはかなり貴重です。
しかも月額料金が432円と非常に安く、今のところ解約する気は全くありません。

以下では私が購読しているnoteとまぐまぐの6つのコンテンツを紹介したいと思います。
あまりサプライズがないかもしれませんし、もしかしたら驚かれる方も多いかもしれませんが、皆さんの参考になればと思います。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・購読コンテンツ1: ビジネス(グロース)系
・購読コンテンツ2: 有名人系
・購読コンテンツ3: コラム・エッセイ系
・購読コンテンツ4: ビジネス(スタートアップ)系
・購読コンテンツ5: ビジネス(ファイナンス)系
・購読コンテンツ6: ライフハック系

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,658文字
記事を購入する

Q. 著者が定期購読中のnote・まぐまぐは?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
49

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。