見出し画像

Amazonの物流はどのくらいの赤字なのか

Amazonの2016年7-9月期の決算が出ました。

以前は「利益を出さない会社」とまで言われていたAmazonですが、最近はちゃんと利益が出ています。

ただ、Amazonの決算資料で毎回説明されているのは、Amazonが最も重視する指標(KPI)は売上でも利益でもなく「フリーキャッシュフロー」であると強く主張されており、毎回決算資料はフリーキャッシュフローの説明から始まります。

今回も全く同じで

Long Term Goal – Optimize Free Cash Flows

という但し書きが下部にあります。

TTM(直近12ヶ月)のネットのフリーキャッシュフローが、$3.4B(3434億円)とのことです。

内訳を見てみると、以下のようになります。

数字は全てTTM(直近12ヶ月)で、以下のようになります。

オペレーションからのキャッシュフロー: $14.6B(1兆4603億円)
 設備投資: $6.04B (6040億円)
 設備等のリース: $4.998B (4998億円)
 金利等: $131(131億円)
ネットのフリーキャッシュフロー: $3.4B(3434億円)

1年あたり、約1兆円もの金額を設備投資してる計算になります。

何にいくら投資しているのかは公開されていませんが、物流にどのくらい投資しているのか、というのは凄く気になります。

ということで、今回はECの配送料部分がどのくらい赤字なのか、というのを見てみたいと思います。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・配送関連の売上と費用
・配送関連の売上と費用の成長率
・自前で配送を行なう計画(貨物機機、トラック、生鮮食品配送)

----------------------------

この続きをみるには

この続き:930文字/画像5枚
記事を購入する

Amazonの物流はどのくらいの赤字なのか

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
22
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

コメント1件

初歩的な質問で恐縮ですが、「配送関連の売上」とは具体的にどういったものが含まれるのでしょうか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。