見出し画像

Q. 牛丼チェーン3社の徹底分析!好調な決算を発表した吉野家の成長戦略とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:15年ぶりとなる●●を掲げており、特に●●や●●によって、営業利益率の改善も進めている。

本日は、多くの方になじみ深い外食産業である”牛丼チェーン”について分析しました。

日本全国、低価格で食べられる吉野家やすき家などの牛丼チェーンを日常的に利用している方も多いと思います。

ただ、大手牛丼チェーンである吉野家(運営: 吉野家HD)・すき家(運営: ゼンショーHD)・松屋(運営: 松屋フーズHD)の3社において、最も業績が良いのはどこの企業か、ご存じでしょうか?

この記事では、大手牛丼チェーン3社の決算を比較しながら、先日好調な決算を発表した吉野家の成長戦略を解説しています。


吉野家HDの好調な決算

吉野家HDの2024年2月期決算を見ると、コロナの5類移行による人流の回復や価格改定、店舗数の純増などによって売上は1,874億円(YoY+11.5%)、営業利益は79億円(YoY+132.3%)と、増収増益の好調な決算です。

セグメント別に前期の営業利益と比較すると、吉野家HDが運営する吉野家やはなまるうどん、海外、その他の全セグメントにおいて増益となっています。

続いて、営業利益率は1年間で2.0%→4.3%と大幅に改善しており、主要科目の大半で改善していることが分かります。

原材料や人件費の高騰などが叫ばれている昨今、利益率が低下しやすい外部環境の中、吉野家HDのように適正な経費コントロールを遂行するのは簡単ではないでしょう。

ここまで、吉野家HDの好調な決算を解説してきました。次章からは吉野家の競合となるすき家(運営: ゼンショーHD)や松屋(運営: 松屋フーズHD)と比較し、吉野家の戦略を解説していきます。

この記事は、飲食業界に従事する方や企業の決算分析に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 牛丼チェーン3社の徹底分析!好調な決算を発表した吉野家の成長戦略とは?の答え
・牛丼チェーン3社を比べると?
・牛丼チェーン3社の生産性は?
・吉野家の戦略は新たな●●
・市場の期待は?


ここから先は

2,543字 / 8画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!