見出し画像

Uber投資家からの警告「バブルからの更生への道のり」を翻訳します

現在(特に2015年まで)のシリコンバレーは、90年代のドットコムを超えると言われるほどのバブルです。そのバブルが今まさに崩壊しかかっている、ちょうどその境目にあると多くの専門家が指摘し始めています。

中でも、つい最近公開された記事で、英語圏でとてつもないスピードでシェアされている「On the Road to Recap」(日本語訳「バブルからの更生への道のり」)を翻訳することにしましたので、その予告と背景の説明です。


今回の2015年をピークとするバブルの前のバブルというのは、リーマン・ショック直前の2008年頃に遡ります。

2008年のリーマン・ショックが起こった直後に、シリコンバレーで最も著名なVCの一つであるセコイア・キャピタルが「Get Real or Go Home.」(日本語訳「現実を見よ、さもなければ会社を畳んで家に帰れ」)という非常に強烈なタイトルの56ページにも及ぶスライドを公開し、ネット業界で瞬く間に広まりました。

その結果、多くのVCが新規投資を限りなくゼロに抑制し、シリコンバレーのスタートアップ界隈が一気に冷え上がった、ということが起こりました。

2008年当時、僕はまだ東京にいましたが、このスライドを見て、「とんでもないことになるぞ」と思ったことだけは今でもよく覚えています。


8年の時が流れて2016年。当時と同じくらいインパクトがある内容の「警告文」が出ました。それが冒頭で紹介した「On the Road to Recap(バブルからの更生への道のり)」です。

著者は、Benchmark Capitalというシリコンバレー老舗VCのパートナーであるBill Gurley。彼は、現在、未上場企業で最も評価額が高いと言われているUberのシリーズAのリードインベスターで、Uberの社外取締役でもあります。

自称「専門家」ではなく、今回のバブルのど真ん中にいる彼が書く「警告文」にはとてつもない説得力があります。

原文(英語)を読める方は、そちらを読んで頂くのが良いと思いますが、とにかく長い上に、専門用語も多いため、翻訳しておいた方がよいと感じたため、このnoteで翻訳して行きます。

とても長いので、3回くらいに分割して、公開していきます。乞うご期待!

「バブルからの更生への道のり」(1) なぜバブルが起こっているのか
「バブルからの更生への道のり」(2) 起業家・投資家・従業員が今すべきこと
「バブルからの更生への道のり」(3) 問題をより大きくしないために


※今回の翻訳は、私が監修の下で、ワシントン州米国公認会計士 玉井和佐さんに翻訳にご協力いただいています。


----------------------------

最近、有料マガジンも始めました。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

----------------------------

気に入ってくださった方は、↓から「スキ」「フォロー」してください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
34
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。