見出し画像

Q. 【保存版】TikTokのアメリカ事業が売却を強いられている背景とは?

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからご登録ください。
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g
注: 現在、Facebookメッセンジャーでのお届けができなくなっています。お手数ですがLINEへのご登録をお願いします。

----------------------------

ヒント:中国発のTikTokは世界トップレベルのSNSへ成長したため、●●の時期を前にして利用ユーザーの●●による影響力を危険視されている。現在売却先の候補となっているMicrosoftは、●●の高いTikTokを買収することで、低迷し始めた●●事業において突破口を見出す狙い。

この記事はKimmyさんとの共同制作です。

2020年8月6日にトランプ米大統領は、動画投稿アプリ「TikTok」のアメリカ事業について、9月15日までに中国の親会社ByteDance(バイトダンス)が売却できなかった場合、米国での事業運営を禁止するとの大統領令を出しました。45日というタイムリミットの中、現在MicrosoftがTikTokのアメリカ事業の買収協議を進めているとの報道が出ています。

今回は、なぜTikTokがターゲットになったのか、なぜ今のタイミングで政府が封じ込めに来たのか、なぜMicrosoftが買収に名乗り出たのか、3つの「なぜ」を解説します。

この記事は、TikTokに興味をお持ちの方、時事ニュースの背景を理解したい方、中国関連のビジネスに興味がある方や携わっている方に最適な内容になっています。

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・なぜ、TikTokがターゲットとなったのか?
・なぜ、今のタイミングでTikTokを封じ込めに来たのか?
・なぜ、MicrosoftがTikTokのUS事業を買収したいのか?
・まとめ

ここから先は

5,406字 / 8画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!