見出し画像

テスラが自動車保険の他に直接提供する可能性があるFintechビジネスとは?

今日のnoteもFintech関連です。

電気自動車を販売するテスラが、自動車だけではなく、保険やメンテナンスとのセット販売をアジア地域で実験的に行っている、という報道がありました。

TechCrunchによれば、

Tesla has begun offering customers in Asia a package that includes in the purchase price the cost of insurance and maintenance, the company noted on its earnings call today.

テスラは、車の販売価格に保険料とメンテナンス料を含めたセット販売の提供を、アジア地域で開始したと本日の収支報告で表明した。

とのことです。


テスラが直接保険を売る理由

背景として、テスラは自動運転を積極的に導入しようとしていることがあります。自動運転による一番のメリットは事故が減ることです。

もし仮に、自動運転によって事故が減るのであれば、保険料は当然安くなってしかるべきです。

またテスラの特徴として、各自動車の走行履歴情報が、全て自社に集まることが挙げられます。これにより通常の第三者の保険会社よりは高い精度で、事故が起こる確率を予測できるようになると考えられます。こう考えると、第三者の保険会社よりも、はるかに有利な条件で保険を販売できる可能性が高くなるわけです。

よく考えれば、自動車保険というのは非常に大雑把な商品だとも言えます。自動車保険料は、車種、運転する人の年齢や性別、そして過去の違反や事故履歴によって決まる場合がほとんどでしょう。

実際には、同じ年齢・性別・事故履歴の人が、全く同じ車を運転しても、事故を起こす確率は当然違うわけです。中にはものすごく荒っぽい運転をする人もいれば、逆に非常に安全運転をする人もいます。そうした全く違う人に、同じような保険料を払ってもらっているわけですが、それは保険会社が得られるデータに限界があるからです。

仮に保険会社が、テスラのように各運転手の運転履歴を詳細に得ることができたら、どうなるのでしょうか、という話です。

当然、スピードを出しすぎる人、荒っぽい運転をする人には、高い保険料を払ってもらう必要があるでしょうし、逆にいつも安全運転をしている人の保険料は安くなるべきでしょう。

このように、「運転履歴」という、これまで保険会社が入手不可能であったビッグデータを用いて、より精緻な保険料を設定することが可能になると考えられます。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4~8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。
有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・「テスラが次に直販する(可能性が高い)Fintechビジネスとは?」
・「トヨタの自動車事業・金融事業の利益率」
・「日産の自動車事業・金融事業の利益率」
・「ホンダの自動車事業・金融事業の利益率」
・まとめ

----------------------------

ここから先は

1,372字 / 4画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!