Q. 激安国際送金Wiseの顧客獲得コストと回収期間は?(おまけ: PayPalとの比較あり)
見出し画像

Q. 激安国際送金Wiseの顧客獲得コストと回収期間は?(おまけ: PayPalとの比較あり)

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

ヒント:FY2021で獲得したアクティブユーザー数は130万人です。

この記事はゆべしさんとの共同制作です。

本日は、2021年7月7日にロンドン証券取引所に上場した手数料が激安の国際送金サービス「Wise(ワイズ)」について、決算情報やKPIを元に解説していきます。

Wiseは、2011年創業の国際送金サービスを運営するフィンテック企業で、以前は「Transferwise」というブランド名で知られていましたが、創立10周年を迎えた2021年に、ブランド名を「Wise」に変更しました。

Wiseの時価総額は、2021年7月7日の初値ベースで79億ポンド(約1兆2,100億円)となり、ロンドン証券取引所におけるテクノロジー企業の新規上場で、過去最大を記録するなど、株式市場からも非常に注目されています。

今回の記事では、そんなWiseについて、記事の前半ではWiseの特徴や国際送金市場のトレンド、決算情報を解説し、記事の後半では取扱高やアクティブユーザー等の主要KPIを元に数字からWiseのビジネスを紐解いていきます。

また、最後には、同じく決済領域のフィンテック企業大手PayPalとの比較も用意しています。

Wiseのことを知らなかった方でも、学びのある記事になっていると思いますので、是非ご覧ください。

※この記事では1ユーロを100円として、日本円表記しています(€1 = 100円)。


激安国際送金Wiseとは?

Wise plc Prospects July 2021

画像1

まずは、Wiseの特徴を見ていきましょう。

通常、銀行を通した国際送金を行う場合、「送金銀行→中継銀行→…中継銀行→受取銀行」のように、多くの銀行を経由して送金が行われるため、平均3〜7%という高額な手数料が発生し、さらに2〜5営業日ほどの時間を要します。

一方、Wiseを利用する場合、送金人が自国にあるWiseの口座にお金を振り込み、Wiseがその金額分を受取人の国の口座へ振り込む国内送金を活かした仕組みを活用することで、国際送金にかかる手数料は平均0.7%と、大幅に削減することが可能です。

参考:Wise(ワイズ)の使い方:ステップバイステップガイド

画像2

また、Wiseを利用した場合の国際送金に要する時間は年々短縮されており、FY2021時点で全体の38%が即時、62%が1時間以内、83%が24時間以内に送金することが可能です。


国際送金市場のトレンド

画像3

次に、国際送金市場のトレンドを見ていきます。

2020年の国際送金市場の市場規模は€18tn(約1,800兆円)であり、2026年には€24tn(約2,400兆円)と、拡大する見込みです。

内訳を見ると、大半がエンタープライズやSMB(中小企業)といったビジネス利用であり、個人利用は全体の約10%程度です。一方で、2026年までのCAGR(年次平均成長率)は、個人利用がCAGR+11%と、最も大きく成長することが見込まれています。


Wiseの売上・営業利益

画像4

次に、Wiseの決算情報を整理します。

FY2021の12ヶ月間の売上は€421.0M(約421.0億円)で、YoY+39.1%、売上総利益は€260.5M(約260.5億円)で、YoY+38.5%、調整EBITDAは€108.7M(約108.7億円)で、YoY+59.4%と、急成長していることが分かります。

※EBITDA(Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation and Amortization)とは、税引前当期純利益に特別損益と支払利息、減価償却費等の現金支出を伴わない費用を加算した値です。

また、売上総利益率は61.9%と高く、調整EBITDAを基準としたEBITDAマージンは25.8%で黒字化していることから、優良な財務状況と言えるでしょう。

ここまで、国際送金市場のトレンドやWiseの特徴・財務状況を整理してきました。記事の後半では、Wiseの主要KPI(取扱高、アクティブユーザー、顧客獲得コスト等)を整理し、同じく決済サービスを展開するPayPalと比較していきます。

この記事は、フィンテック業界で働く方や、決済・送金サービスに従事している方、企業のKPI分析に関心がある方にもおすすめの内容となっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 激安国際送金Wiseの顧客獲得コストと回収期間は?(おまけ: PayPalとの比較あり)の答え
・主要KPI #1:取扱高
・主要KPI #2:アクティブユーザー
・主要KPI #3:アクティブユーザー数あたりの取扱高
・主要KPI #4:テイクレート
・主要KPI #5:顧客獲得コスト、回収期間
・主要KPI #6:Cash Conversion
・おまけ:PayPalとの比較
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 3,035文字 / 画像12枚
記事を購入する

Q. 激安国際送金Wiseの顧客獲得コストと回収期間は?(おまけ: PayPalとの比較あり)

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。