見出し画像

Q. Slackから学ぶべきSaaSビジネスの大切は5つのポイントとは?

A. Slackは以下の5つのKPI全てがAクラスです。
1. 高いマージン比率
2. 高い成長率
3. 既存顧客へのアップセル(Net Dollar Retention, NDR)
4. 大企業からの売上
5. 海外展開

先日上場したばかりのSlackですが、上場後の決算も開示され始めました。

SlackはいわゆるSaaSビジネスに該当しますが、Slackの決算資料にはSaaSビジネスとして大切な要素が多く入っているので、今日はひとつずつ丁寧に見ていきたいと思います。

Slack Technologies: Investor Presentation, Second Quarter Fiscal Year 2020

画像1

はじめに売上ですが、四半期あたり$145M(約145憶円)と、事前に発表されているガイダンスよりも大きな売上となっています。

画像2

売上成長率を見てみると、YoY +58%と、未だに驚異的なスピードで成長しています。

画像3

営業利益の方は、四半期ベースで△$56M(約△56億円)と、赤字の会社です。

画像4

一方でフリーキャッシュフローを見ると、売上の-5%と、かなり黒字に近づいてきているのがご覧頂けるかと思います。

決算の概要はこのくらいにして、以下では、SaaSビジネスとしてみた場合のSlackの強みを5つほど紹介したいと思います。

SaaSビジネスを展開されている方は、これらのKPIを磨いていくことが成功への近道になるかと思いますので、ぜひ参考になさって下さい。

この記事は、SaaSビジネスを担当されている方、継続課金型ビジネスのKPIに関心がある方、Slackユーザーで同社のビジネスに関心がある方に役立つ内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・その1: 高い●●率
・その2: 高い●●率
・その3: 既存顧客へのアップセル(●●)
・その4: ●●からの売上
・その5: ●●展開

----------------------------

この続きをみるには

この続き:1,726文字/画像5枚
記事を購入する

Q. Slackから学ぶべきSaaSビジネスの大切は5つのポイントとは?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
47
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。