見出し画像

アプリ内課金で平均いくら使っているかをご存知ですか?

今日のノートはスマホのアプリの課金戦略について考えたいと思います。

スマホのアプリが登場した当時は課金といえば有料アプリでしたが、最近ではフリートゥプレイと言われるアプリ内課金が主要な課金手段となっています。

アプリ内課金の市場規模は2015年に$14b(約1兆4000億円)だったものが、2017年までには$37b(約3兆7000億円)になるといわれています。

今日のnoteでは、AppsFlyer社のデータをもとにアプリ内課金の戦略について考えてみたいと思います。

2016年4月から5月に行われた$300m(約300億円)分のアプリ内課金のデータトランザクションをもとにされています。このデータは1000以上のアプリを対象に1億ユーザー以上から収集されています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・アプリ内で課金するユーザーの割合、平均消費額
・iOSとAndroidの比較
・ゲームアプリの場合
・ショッピングアプリの場合
・Android の方が圧倒的に課金されやすいカテゴリーは...
・まとめ

----------------------------

ここから先は

1,351字 / 6画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!