見出し画像

Q. 米国テック大手の決算から分かる、広告ビジネスの世界トレンドとは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:地域的なトレンドと広告手法に関するトレンドの2つがあります。

今回は、以下の米国テック企業の決算から広告ビジネスのトレンドを分析していきます。

Alphabet
Meta
Amazon
Snap
Pinterest

この米国大手企業の直近の決算で見ると、広告ビジネスのトレンドが変わりつつあることが見えてきます。各社どのような状況なのか、詳しく解説していきます。


各社の広告収益

まず各社の最新決算(2022年10-12月期)から広告収入の状況を見ていきますが、YoY(前年同期比)がマイナスの企業もあり、全体的に好調とは言い難い状況です。

2022年10-12月期のAlphabet(Google)の広告収入は$59.04B(約5.9兆円)、YoY-3.59%、Metaは$31.25B(約3.1兆円)、YoY-4.24%と売上成長率がマイナスになっています。

一方、Pintarestは0.68B(約680億円)、YoY+8.16%と広告収入を伸ばしており、Amazonは11.56B(約1.2兆円)、YoY+18.95%と最も大きく成長しています。

各社の状況を更に詳しく見ていきましょう。


Alphabet: ついに検索広告もマイナスに

まず、Alphabetの状況から見ていきます。
Alphabetは主な広告事業として、検索広告(Google Search & Other)、動画広告(YouTube Ads)、ネットワーク広告(Google Network)があります。

前四半期(2022年7-9月期)の時点で、YouTube Ads(YoY-1.86%)、Google Network(YoY-1.59%)は成長率がマイナスに転じていましたが、今回の決算で検索広告もマイナスとなりました。

2022年10-12月期 
   事業        売上    YoY成長率
=======================================
Google Search & Other  $42.60B    -1.61%
(検索・その他広告) (約4.3兆円)

YouTube Ads          $7.96B    -7.76%
(YouTube広告)   (約0.8兆円)

Google Network       $8.48B      -8.92%
(ネットワーク広告) (約0.8兆円)

検索広告がマイナスに転じたことに加え、YouTube Ads、Google Networkのマイナスが更に大きくなっています。

広告主の広告予算が減少する中で、検索広告は比較的成果と直結するため予算が削られにくい傾向にあるはずですが、それでも広告市場縮小の影響は免れない状況です。


Meta:どの地域も横這いもしくはマイナス成長


続いてMetaです。
Metaは、Facebook、Instagram、MessengerなどのSNSを元に広告事業を展開しています。

地域別の2022年10-12月期の売上を見ると、北米は$15.0B(約1.5兆円)、YoY-0.4%とほぼ横ばいですが、アジアは$6.0B(約0.6兆円)、YoY-3.5%とマイナスになっており、更に欧州は$6.9B(約0.7兆円)、YoY-15.5%と大幅に減少しています。

欧州では、ユーザー数も減少に転じており、2022年10-12月期のMAU(月間アクティブユーザー)は4.07億人、YoY-4.7%となっています。

広告予算が出ないというだけではなく、サービス価値の観点で危うい状況です。

In Q4, the total number of ad impressions served across our services increased 23% and the average price per ad decreased 22%. Impression growth was primarily driven by the Asia-Pacific and Rest of World regions. The year-over-year decline in pricing was primarily driven by strong impression growth, especially from lower monetizing surfaces and regions, lower advertiser demand and foreign currency depreciation.

出典:META Earnings Call Transcript

一方で、広告インプレッション数はYoY+23%伸びており、特にアジア地域・その他地域での収益化・ARPUの向上は期待の余地があると言えます。

We continue to be excited about the monetization opportunity with business messaging too. Facebook and Instagram are the first two pillars of our business, and in the next few years we hope to bring messaging online as the next pillar. One way of doing this is click-to-message ads, which is now at a $10 billion run rate.

出典:META Earnings Call Transcript

売上が低迷する地域では、Facebook、Instagramに次ぐ第3の柱として、Messaging領域の収益化の立ち上げが肝となっており、Metaが力を注いでいます。


Amazon: 他社が落ち込む中でも2桁成長

次に、Amazonの広告事業を見ていきます。
AmazonはECプラットフォームに広告枠を設置し、広告収益を得ています。

そのAmazonの広告収益は近年急上昇しており、2022年10-12月期は$11.56B(約1.2兆円)と$10Bの大台を突破し、YoY+18.95%となっています。

特にECプラットフォーム上での広告のため、CV(コンバージョン)という成果に直結することから、広告主も予算を捻出しやすいことが大きいと考えられます。

今後も、EC市場の拡大と共に安定的に伸びていくと思われます。


Snap: 北米は減少もその他地域の売上が牽引

次にSnapを見ていきます。

Snapは、写真共有SNS「Snapchat」を主軸とし、広告事業を展開しています。

2022年10-12月期の地域別の売上は、北米が$880M(約8,800億円)、YoY-6%と減少していますが、その他の地域は成長しています。

欧州は$219M(約2,190億円)、YoY+5%と微増ですが、その他の地域は$201M(約2,010億円)、YoY+28%と大きく成長しています。

Snapchatは北米の若者を中心に利用されているSNSであり、北米の売上比率が68%と大きいため、Snap全体の売上は横ばいとなっています。


Pinterest: 地域別のユーザー数と売上のバランスが異様

最後に画像共有サービスを展開するPinterestを見ていきましょう。

Pinterestは2022年10-12月期の$685M(約6,850億円)の売上のうち、北米の売上が$575M(約5,750億円)と、実に84%を占めています。

しかし、4.45億人のユーザーのうち北米のユーザーは0.95億人(21%)で、まさに2割のユーザーが8割の収益を生んでいる構図となっています。

その他地域のARPU(1ユーザー当たりの平均売上)は北米に比べて明らかに低い水準です。

北米とその他地域のARPUの倍率

Meta: 10倍
Snap: 6倍
Pinterest: 20倍

Meta、Snapも北米のARPUがその他の地域よりも大きい傾向にありますが、Pinterestはその倍率が20倍と最も大きく、その他の地域で大きな伸びしろがあると言えるでしょう。

We launched ads in Argentina, Chile, and Colombia, adding to our presence in the LATAM market.

出典:Pinterest Q3 2022 Earnings Report

アルゼンチン、チリ、コロンビアなどの南米地域でも広告を開始とあるように、まだ各国で広告ビジネスを浸透させているフェーズであることがわかります。

ここまで記事の前半では、米国テック大手5社の広告収益を見ていき、成長率や傾向を把握していきました。

記事の後半では、広告ビジネスの全体的な傾向を押さえていき、今後の世界的なトレンドを考察していきます。

この記事は、広告ビジネスに携わっている方や興味がある方、な方、広告ビジネスの世界的なトレンドについて知りたい方、これから盛り上がる可能性を秘めた市場に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・米国テック大手の決算から分かる、広告ビジネスの世界トレンドとは?の答え
・地域トレンド
・広告手法トレンド
・その他の注目トピック
・まとめ


ここから先は

2,664字 / 1画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!