見出し画像

Q. コロナ禍で広告ビジネスはどの程度回復してきたのか?GoogleとFacebookの決算詳細

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。以下のURLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

A. 直近の四半期売上が、Googleは前年同期比+14%、Facebookは前年同期比+22%と二桁成長まで回復し、両社ともコロナ禍の一番ダメージがあるフェーズからは既に脱出しましたが、今までの成長スピードには戻っていません。

今日の記事では、コロナで大きな影響を受けたオンライン広告ビジネスの2020年7月−9月の決算が出揃ったので、状況をアップデートしたいと思います。

前四半期の2020年4月-6月期決算は、クライアントが広告を控えた影響で、どのオンライン広告企業も大幅な減収となりました。引き続きコロナ禍にはあるものの、人々の行動が変わってきた最新(7月-9月)の決算はどのような結果になっているのかを、GoogleとFacebookの二大オンライン広告企業の決算を元に見ていきたいと思います。

Google (2020/10/29)

Facebook (2020/10/29)


Googleの2020年7-9月期の決算

画像1

まずはGoogleを見ていきます。Googleの2020年7月−9月の四半期売上は、$46.2B(約4兆6,200億円)、 前年同期比(YoY) +14%。営業利益は$11.2B(約1兆1,200億円)、 営業利益率は24.2%でした。

2020年4月−6月の前四半期の売上は、YoYで−8.2%と初の減収だったので、そのペースからは復調していると言えるでしょう。しかし例年のペース(売上のYoYが+20%前後)にはまだ戻っていません。営業利益率は過去の水準に戻っています。


Facebookの2020年7-9月期の決算

画像2


次にFacebookを見ていきます。Facebookの2020年7月−9月の四半期売上は、$21.47B(約2兆1,470億円)、YoY+22%の成長でした。四半期営業利益は、$8B(約8,000億円)でYoY+12%、営業利益率は+37%でした。四半期ベースでは過去最高の売上を記録しました。

こちらも前四半期の売上YoYが11%だったことと比較すると復調していますが、例年の成長ペース(YoY +25-30%前後)にはまだ戻っていません。


GoogleとFacebookの直近の四半期決算を見ると、共通点としては、

・両社ともコロナ禍の一番ダメージが大きいフェーズからは既に脱出してる
・売上YoYという観点では、まだコロナ前の成長スピードには戻っていない

ということがわかりました。両社の決算発表の際に、サプライズ(新情報)がありましたので、以下ではその内容を紹介していきたいと思います。


この記事は、広告事業に携わっている方、アプリのマーケティング担当の方、マーケティングに興味がある方に最適な内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4~8本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Googleのサプライズ#1:●●●●
・Googleのサプライズ#2:●●●●
・Facebookのサプライズ
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 3,536文字 / 画像4枚
記事を購入する

Q. コロナ禍で広告ビジネスはどの程度回復してきたのか?GoogleとFacebookの決算詳細

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
25
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。