見出し画像

Q. ギフティに学ぶ連続的成長を実現する徹底的な横展開戦略とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:ギフティの連続的成長を実現するための横展開戦略は以下の4つ
(1) 魅力的な●●の拡充
(2) ●●数と●●の拡大
(3) ●●の開発・展開
(4) ●●な横展開

本日は、eギフトを中心としたプラットフォーム事業の「giftee」を展開する株式会社ギフティの成長戦略を解説します。

矢野経済研究所によると、eギフトの市場は2020年度時点で2,075億円、2025年度には4,057億円まで拡大すると予測されています。離れた相手にも気軽にギフトを贈ることができるため、読者の皆様も1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

参考:2020年度のeギフト市場は2,075億円、2025年度には4,057億円まで拡大すると予測
~コロナ禍で拡大するeギフト市場~

拡大するeギフト市場で事業を展開するギフティの売上は、多少の季節性はあるものの、右肩上がりに成長を続けています。

この記事では、ギフティの事業内容と成長の背景にある徹底的な横展開とも言える成長戦略について、分かりやすく解説します。加えて、主要なECプラットフォーマー(楽天、メルカリ、BASE、クリーマ)とのテイクレートの比較を行いました。ぜひ最後までご覧ください。


gifteeの提供サービスの略歴

ギフティは2010年8月に設立されたeギフト関連の事業を展開する企業です。2019年9月に東証マザーズに上場し、翌年の2020年12月に東証一部(現東証プライム市場)に上場市場の変更を行っています。

設立後の2011年に個人向けのギフトサービスをリリースし、2014年にはeギフト発行システム、2016年には法人向けサービスや電子地域通貨サービスと、ギフトに関連するサービスを段階的にリリースしてきました。


4つのサービスの内訳

ギフティは、eギフトプラットフォーム事業として、以下の4つのサービスを展開しています。

(1) gifteeサービス:個人向け
→メールやLINE、Twitterなどを通して、直接会えない相手や住所を知らない相手に気軽にギフトを贈れるサービス

(2) giftee for Businessサービス:法人向け
→法人が実施する各種キャンペーンの景品や謝礼として、コンビニの商品やコーヒー等のギフトをLINEやメールで簡単に贈れるサービス

(3) eGift Systemサービス:飲食店・小売店向け
→店頭での引き換えが可能なeGiftの生成、生成したeGiftを自社サイト上で販売するためのシステム

(4) 地域通貨サービス:行政・自治体・地銀向け
→紙の観光通貨等の電子化、ふるさと納税のeギフト化、電子モビリティチケットによるキャッシュレス化等のソリューションを提供するサービス

各サービスの売上規模を見ると、法人向けの「giftee for Businessサービス」が最も大きく、2022年12月期時点では66%を占めています。


ギフティの連続的な成長

ギフティの2023年1-3月の四半期売上は19.58億円(YoY+81%)と、多少の季節性はありつつも、右肩上がりに成長しています。

セグメント別売上を見ると、全国旅行支援によって「地域通貨サービス」がYoY+562.4%、自治体をはじめとした大型案件獲得による流通総額の増加によって「giftee for Business」がYoY+55.8%と伸長し、売上成長を牽引しました。

また、同期間の流通総額は121.65億円(YoY+51%)で、季節性による法人・個人のeギフト需要の増加や自治体需要が拡大したことで、売上と同様に右肩上がりに成長しています。


eギフトプラットフォームに価値がある

前述した通り、ギフティは法人向けサービスの売上が最も大きいのですが、この法人向けサービスを踏まえて「eギフトプラットフォーム」として、4つのサービスを連動させた循環型のビジネスモデルを構築しているのがgifteeの強みです。

具体的には、eGift Systemサービスと地域通貨サービスによる「eギフトの発券」と、gifteeサービスとgiftee for Businessによる「eギフトの流通」というように、eギフトの発券から流通までを一気通貫で提供しています。

その結果、豊富かつ魅力的なeギフトを発行する企業が増えれば、eギフトの利用者の増加に繋がり、eギフトを発行する企業の開拓が強化されるという循環型のビジネスモデルが構築されます。

ここまで、ギフティの決算状況や事業内容、ビジネスモデルについて整理してきました。次章からは、ギフティの連続的成長を実現する徹底的な横展開戦略について解説します。

この記事は、メディア事業やプラットフォーム事業に従事する方や企業の成長戦略に゙関心がある方に特におすすめの内容となっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. ギフティに学ぶ連続的成長を実現する徹底的な横展開戦略とは?の答え
・プラットフォーム価値向上のための徹底的な●●
・法人事業拡大に伴い●●は下降トレンド
・まとめ


ここから先は

2,030字 / 6画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!