見出し画像

クラウドワークスとラクスルの決算資料が神レベルな件

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからLINEで友達登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

今日の記事では、ラクスルとクラウドワークスの2社の、決算資料の素晴らしさについて語ってみたいと思います。

私は趣味で、ほぼ全てのネット企業の決算資料を読み込んでいますが、今回の四半期決算の決算説明会資料でこの2社が圧倒的に優れている点があったので、ご紹介したいと思います。

単に決算や数字の読み方だけではなく、事業を構造的に因数分解して捉える、という点でも非常に勉強になるかと思いますので、是非楽しみにご覧頂ければと思います。

初めに、ラクスルの決算を見てみましょう。

Raksul 2018年7月期 決算説明会資料


事業KPIの因数分解(ラクスル)

今回、特に注目したいのがこのスライドです。

「企業価値の源泉」というタイトルがついているスライドですが、顧客からの信頼が、売上高によって表現され、その売上高は、

売上高 = 顧客数 x 購入回数 x 単価

という方程式で表すことが出来ます。

売上総利益率というのは顧客やサプライヤーへの付加価値である、と定義されており、売上総利益率を上げるためには、サービスを高付加価値化したり、原価低減や、サプライヤーの生産性向上に寄与する必要がある、と明確に定義されています。

そして、後半に出てくるこのスライドでは、上で説明された方程式のそれぞれのKPIが、どのように変化しているのか、というのが明示されています。

そしてそれらのKPIが改善された結果、売上が年間112億円でYoY+45.6%、売上総利益が28億円でYoY+58.8%という結果に繋がった

というわけです。

テイクレートに相当する売上総利益率は24.7%と、YoY+2%の増加になっており、こちらも大きく改善していると言えるでしょう。


事業KPIを因数分解して開示するメリット・デメリット

冒頭にも書きましたが、私は色々な決算資料をくまなく見ていますが、ここまで詳細なKPIが公開されることは非常に稀です。

このように事業KPIを因数分解して詳細に開示するメリットというのは、何と言っても投資家の安心感に繋がるからだと言えるでしょう。

それだけではなく、外部に対して、ここまで精緻な数字を公開できるということは、内部管理においてもかなりしっかりしたKPI管理体制が整っているとも言えますので、内部統制をきちんとして機動力を上げる、という意味でも、外部に公開するというプレッシャーはプラスに働くケースも多いのではないかと思います。

ここまで詳細なKPIを公開するデメリットというのも挙げておくと、一番のデメリットは恐らく、競合に対して自社の数字が丸裸になってしまう、という点なのではないでしょうか。

更には、今回のラクスルの決算のように、事業が好調な時は詳細に公開してもあまり大きな問題にはなりませんが、事業というのは必ずしもいつもうまくいくわけではありませんので、不調になった時に、これらの KPIを公開続けなければならないというのは、大きなマイナスにもなります。

以上、ラクスルの事業KPIの因数分解を詳しく見てみましたが、以下では、クラウドワークスの決算資料も詳しく見てみたいと思います。

個人的な印象ですが、クラウドワークスの決算資料は、ラクスル以上に大胆にいろんな数字を公開しており、上場企業の経営者の方だけではなく、スタートアップの方も、KPI の因数分解という点で学ぶことが多いかと思いますので、興味がある方は是非ご覧ください。

クラウドワークスに関しては、事業 KPI以外にも、更に二つほど非常に勉強になるデータが開示されているので、こちらも紹介したいと思います。

この記事は、大企業スタートアップの経営者の方、事業管理、経営企画などを担当されている方、KPI管理を担当されている方、KPI管理に困っている方に役立つ内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・事業KPIの因数分解(クラウドワークス)
・市場規模の因数分解(クラウドワークス)
・コホート分析(クラウドワークス)

----------------------------


この続きをみるには

この続き:2,051文字/画像8枚
記事を購入する

クラウドワークスとラクスルの決算資料が神レベルな件

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
141

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
5つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。