見出し画像

Q. 誰でもクレカを発行できるようにするMarqeta(マルケタ)の売上継続率は?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。以下のURLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

ヒント:●●が2019年・2020年ともに200%以上と驚異的な高さを誇っています。

この記事はゲストライターとの共同制作です。

今回は、私シバタが個人的に株式購入を真剣に検討しており、2021年5月14日に上場申請書類(S-1)が公開されたMarqetaについて読み解いていきます。

※この記事は投資銘柄を推奨するものではなく、投資助言をするものでもありません。あくまでも投資判断はご自身のリスクで行って下さい。

Marqetaは、ビジネスのオペレーションをより円滑にするために、クレジットカードやデビットカードを誰でも発行できる、カード発行プラットフォームを提供する会社です。決済サービスを提供する会社や、フードデリバリー会社などとの相性が良く、それらの企業からの利用が増え急速に成長しています。

今回の記事では、Marqetaの成長にはどのような要因があるのか、7つの主要KPIから深堀りしていきます。

FORM S-1 Marqeta, Inc.

Marqeta S-1 teardown

Marqeta(マルケタ)のサービス

画像1

前述した通り、Marqetaは誰でもクレジットカード・デビットカードを発行できるようにするサービスですが、具体的に事例を紹介してきます。

事例1:Square
Squareは、クレジットカード決済プラットフォームを提供する会社です。入金スピードの早さが特徴のひとつとなっており、そのスピードはMarqetaとの提携によって開発されたSquareカードの開発によって実現しています。

Squareを使用する加盟店は、Squareカード(バーチャルデビットカード)を無料で受け取ることで、Squareアカウントの残高に直接アクセスできるようになり、受け取った支払がSquareアカウントに反映されると、Squareカードを通じてそのお金をすぐに使うことができます。

また、バーチャルデビットカードは、Squareの「Cash App」という、ユーザー間で送金を可能にするアプリケーション内で発行することができ、そのデビットカードの管理をMarqetaが行っています。Squareは煩わしいカード管理業務を全てMarqetaに移管して、早期入金のプラットフォームを実現しています。

事例2: DoorDash
フードデリバリーのDoorDashも、ダッシャー(配達する人)全員にMarqetaで発行したデビットカードを渡して、スムーズな決済の仕組みを構築しています。

具体的には、ダッシャーが、レストランに注文を取りに行く際、レストランに到着する直前に、API経由でそのダッシャーのデビットカードに、注文代金が振り込まれます。ダッシャーは、レストランでMarqetaのデビットカードを利用して支払いし、顧客にデリバリーをします。

このように、安全かつタイムリーな決済を、Marqetaのプラットフォームによって実現しています。


トランザクションの仕組みとビジネスモデル

画像2

Marqetaのトランザクション(一連の処理)とビジネスモデルの仕組みは、まず、顧客(Squareなどのブランド)にカード発行業務を提供します。

そして、発行されたカードの取扱高に比例した手数料を徴収し、そこからVISAなどのカード会社へ手数料を支払います。

このように、Marqetaでは、カード発行から決済の一連の処理をシームレスに行うことができる仕組みを提供しています。

ここまで、Marqetaのサービスやビジネスモデルの概要を見ていきましたが、記事の後半では、Marqetaの売上継続率の答え、その売上継続率を含む7つの主要KPI、さらに2つのビジネス上のリスク要因について解説していきます。

この記事は、決済システムを提供する企業に携わっている方や興味がある方、高成長スタートアップ企業のKPIや特徴について知りたい方、Marqetaへの株式投資を検討されている方に最適な内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・誰でもクレカを発行できるようにするMarqeta(マルケタ)の売上継続率は?の答え
・売上継続率を含むMarqetaの7つの主要KPI
・Marqetaの抱える2つのリスク要因
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 4,824文字 / 画像5枚
記事を購入する

Q. 誰でもクレカを発行できるようにするMarqeta(マルケタ)の売上継続率は?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。