Q. 急成長SaaSプレイドのARRが100億円を超えるための条件とは?
見出し画像

Q. 急成長SaaSプレイドのARRが100億円を超えるための条件とは?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

ヒント:既存顧客へのアップセルやクロスセル、新たな顧客ターゲットの開拓に関連しています

この記事はゆべしさんとの共同制作です。

プレイドはCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の運営を行うSaaS企業です。2019年11月に国内2社目となるGoogleからの資金調達を行ったことで非常に注目を集め、2020年12月に東証マザーズに上場した急成長SaaS企業の1つです。

この記事では、SaaSビジネスの重要指標の1つであるARR(年間経常収益:毎年決まって得られる収益)に注目して、急成長中のプレイドが、国内SaaS企業の壁となっているARR100億円を超えるための条件を考察します。

記事の前半では、プレイドと同じく、Webやアプリ向けのSaaSを提供するヤプリと比較しながら、決算内容と重要指標を整理します。後半では、一定の仮説を設定した上で、現在50億円ほどのARRを100億円超に成長させる条件について、具体的な数値目標を交えて考察していきます。

ちなみに、プレイドとヤプリのIPO時点の決算内容の比較分析は以前行いました。興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

国内SaaS企業のARR

プレイド 2021年9月期第2四半期 決算説明資料(2021年5月13日)

ヤプリ 2021年12月期第1四半期 決算説明資料(2021年5月14日)

画像1

まずは国内で上場しているSaaS企業のARRを俯瞰して見ていきます。

2021年1-3月の決算時点でARR100億円を超えているのは、以下の5社のみです。ARR100億円は国内SaaS企業にとって大きなハードルと言えるでしょう。

(1) クラウドサービスとIT人材を提供するラクス
(2) クラウド名刺管理サービスを提供するSansan
(3) クラウドベースのグループウェアなどを提供するサイボウズ
(4) NewsPicksやSPEEDAを提供するユーザベース
(5) 中小企業向けのクラウド会計ソフトなどを提供するフリー

また、ARR50億円から100億円まで成長するのに要した期間は、フリーが2年(8四半期)で、ユーザベースが3年弱(11四半期)でした。プレイドの2021年1-3月時点のARRは52億円なので、ARR100億円を突破するには、順調にいって約2〜3年程度かかると思われます。

●フリーのARRの推移
FY19 Q1:ARR 47.95億円
FY21 Q1:ARR 105.33億円

●ユーザベースのARRの推移
FY18 Q2:ARR 47.76億円
FY20 Q4:ARR 100.8億円


プレイドの決算

画像2

プレイドの2021年9月期2Q(2021年1-3月)の四半期売上は13.2億円(YoY+38.4%)、ARRは51.7億円(YoY+39.2%)と大きく成長しています。

詳細は後述しますが、企業のオンライン化の需要が引き続き堅調で、エンタープライズ(大企業)への販売が好調に推移したものと思われます。

次章からはプレイドの重要指標に関して、ヤプリと比較しながら見ていきましょう。


顧客数と顧客単価(ARPA)

画像3

まずは、顧客社数とARPA(顧客単価)です。

プレイドの2021年1-3月のARPAは、前四半期から+6.3万円(QoQ+7.9%)と大きく成長していますが、顧客社数は同期間で+2社(QoQ+0.4%)と、伸び悩んでいるようです。

前述の通り、プレイドの売上は順調に成長を続けていることから、2021年1-3月は単価の低い顧客の解約が増えたことで、顧客数の成長は鈍化したものの、ARPAが大きく増加したと思われます。

また、ヤプリは契約アプリ数が四半期比5%前後で順調に伸びており、契約単価も堅調に推移しています。


NRR

画像4

次に、NRRを見ていきます。

NRR(Net Revenue Retention)は、既存顧客からの売上を前年からどの程度維持できているかを表す指標で、100%以上の場合は既存顧客によるアップセル金額が、解約金額を上回っている状態を表します。

プレイドの2021年1-3月のNRRは105.3%で、四半期推移で見ると増加傾向です。次に、ヤプリの2021年1-3月のNRRは107.8%で、プレイドよりも高い水準で安定的に推移してます。

ここまで、プレイドの決算内容と重要指標をヤプリとの比較も含めて整理しました。記事の後半では、プレイドのARRが現在の52億円から100億円を超えるための条件について、具体的な数値目標を交えて考察していきます。

この記事は、SaaSビジネスに従事している方や、企業の成長戦略に関心がある方に最適な内容になっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 急成長中のプレイドのARRが100億円を超えるための条件とは?の答え
・プレイド推定ARR
・条件(1):●●
・条件(2):●●
・条件(3):●●
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 3,610文字 / 画像6枚
記事を購入する

Q. 急成長SaaSプレイドのARRが100億円を超えるための条件とは?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。