見出し画像

【web3事例DB】2/23更新: EVM互換性のあるL1ブロックチェーンMonad、web3上のアクティビティによってメタバースを構築するPhi等

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の2/23分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$1M(約1億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。

また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、2/23更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

2/23の更新情報

今週の更新分では、以下の20件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Ironblocks: $7,000,000(2/18)

  • Phi: $2,000,000(2/18)

  • Million on Mars: $3,500,000(2/17)

  • Nefta: $5,000,000(2/17)

  • Unagi: €4,700,000(2/17)

  • Sending Labs: $12,500,000(2/17)

  • Stelo Labs: $6,000,000(2/17)

  • Superplastic: $20,000,000(2/16)

  • Salsa: $2,000,000(2/16)

  • Taurus: $65,000,000(2/16)

  • Alongside: $11,000,000(2/16)

  • Modular Cloud: $1,700,000(2/16)

  • ZIon: $6,000,000(2/16)

  • Prevu3D: $10,000,000(2/16)

  • Kolibrio: $7,000,000(2/15)

  • Aura Network: $4,000,000(2/15)

  • NFEX: $3,000,000(2/15)

  • Orb Labs: $4,500,000(2/14)

  • Caldera: $9,000,000(2/14)

  • Monad: $19,000,000(2/14)

今日もこの中から2件、注目のプロジェクトをご紹介します。

2/23更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

EVM互換性のあるL1ブロックチェーンMonad

Monadは、元Jump Tradingの開発者が共同設立したEVM互換性のあるレイヤー1ブロックチェーンプロジェクトです。

低レイテンシプログラミング、コンパイラの最適化、システムエンジニアリング、暗号化、グラフ理論の専門知識を適用して、分散型計算のパフォーマンスとスケーラビリティを大幅に向上させることができます。

web3上のアクティビティによってメタバースを構築するPhi

Phiは、メタバース構築ツールで、ユーザーのウォレットアドレスから、DeFiでの取引履歴やNFTの保有履歴を読み取り、オブジェクト(アイテム)が付与したりすることができます。

メタバース上で作成した自分の土地にそれらを設置することで、自分だけのオリジナルなスペースを構築できる。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

ここから先は

266字

¥ 50,000 (数量限定:残り 1 / 1)

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!