見出し画像

DeNAのキュレーションメディアが本当に儲かりそうな件

DeNAが、合計50億円で買収したと言われるmery, iemoですが、当時は懐疑的な人も多かったかと思いますが、本当に儲かるかもしれない、というレベルまで来ているという話です。


もはや減収・減益ではなくなってきた四半期決算

2016年4-6月期の決算を見てみましょう。

全社での売上は383億円でYoY +1%、営業利益は74億円でYoY +83%でした。野球の増収があるとは言え、全社レベルで減収・減益ではなく、増収・増益になってきた、というのは凄いですね。

セグメント別に見ると、

・ゲーム: 売上261億円(YoY -8%)、営業利益67億円(YoY -2%)
・新規事業・その他: 売上23億円(YoY +104%)、営業利益-13億円(前年同期比は-11億円)

という具合になっています。キュレーションプラットフォーム事業を含む「新規事業・その他」がゲームの10%くらいの規模の売上になってきているという点がポイントかと思います。


キュレーションプラットフォーム事業の現状

グラフから読める通り、MAU1億人で、四半期10億円くらいの売上にまで成長しています。(ただし、MAUは複数デバイスからのアクセスは重複カウントされています)

従って、非常に大雑把に言うと、「MAUあたり月3.3円の広告売上」ということが言えそうです。

ここをもう少し深掘りしていきたいと思います。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・キュレーションプラットフォーム事業のユーザー獲得方法
・キュレーションプラットフォーム事業のユニットエコノミクス
・キュレーションプラットフォーム事業の伸びしろ
・まとめ

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,034文字/画像5枚
記事を購入する

DeNAのキュレーションメディアが本当に儲かりそうな件

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
49
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。