Q. 苦節3年から復活の兆し、Gunosyから学ぶ3つの再起の鍵とは?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Q. 苦節3年から復活の兆し、Gunosyから学ぶ3つの再起の鍵とは?

決算が読めるようになるノート

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote

----------------------------

ヒント:Gunosyから学ぶ再起の鍵は以下の3つ
・#1:主要事業は明確なKPIを定め、儲かる仕組みを再構築
・#2:●●との●●による堅実な連続的な成長を実現
・#3:●●中心の●●による非連続的な成長を実現

この記事はゆべしさんとの共同制作です。

本日は、国内最大級のキュレーションニュースメディア「グノシー」を運営するGunosyにフォーカスして、Gunosyから学べる再起のポイントを3つ解説します。

Gunosyは2012年11月に設立されたメディア企業です。当時はキュレーションメディアという特定のテーマについて、膨大なネット上の情報を集約・整理したメディアが注目されており、グノシーやSmartNews、MERY等の有名なキュレーションメディアが乱立していました。

Gunosyは設立から約2年半で東証マザーズに上場し、2017年末に東証一部に市場変更するも、その後はアクティブユーザー数や広告売上の減少等の株価下落リスクが顕在化したこと等で、同社の株価はしばらく下落基調でした。

しかしながら、2022年5月期3Qの決算発表後、Gunosyの株価はストップ高となり、東証プライム市場の値上がり率でトップを記録するなど、Gunosyの復活の兆しが見えています。

この記事では、Gunosyの復活劇を紐解きながら、Gunosyの3つの再起の鍵を整理して学びのポイントを解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事では、企業名を「Gunosy」、サービス名を「グノシー」と表記を分けて記載しています。


3年半にわたって下落基調にあった株価がストップ高に

画像1

冒頭でもご紹介した通り、Gunosyの株価を見ると、2018年11月以降の約3年半にわたって下落基調でしたが、2022年4月15日には株価がストップ高となりました。

これから紹介するGunosyの復活劇には、「上場後に主要事業の成長が鈍化してしまったITベンチャーが、どのように再起すればよいのか?」という学びが詰まっています。

メディア業界は非常に変化が激しいですが、苦しい局面でも堅実に事業成長に取り組んできたGunosyの復活劇は、全てのビジネスマンにとって非常に参考になると思います。


Gunosyの事業構成

株式会社Gunosy 2022年5月期 第3四半期決算説明資料(2022年4月14日)

画像2

Gunosyの復活劇を紐解く前に、まずはGunosyの事業内容を簡単に整理しましょう。

Gunosyは、(1)メディア事業、(2)ゲームエイトグループ、(3)投資事業の3つの事業セグメントを展開しています。

(1)メディア事業
キュレーションメディアであるグノシーを中心としたメディアの開発及び運営

(2)ゲームエイトグループ
Gunosyの子会社であるゲームエイトが運営する総合ゲーム攻略メディア「Game8」や、ゲームエイトの子会社であるSmartprise等のメディア運営

(3)投資事業
Gunosy Capitalによる国内外の有望なスタートアップ企業への投資

画像3

次に、Gunosyの四半期別の売上推移を見ると、2020年5月期3Qより売上が大きく減少していることが分かります。これは「不正広告問題に対処するための広告ガイドラインの刷新」に加えて、「新型コロナウイルスによる広告市況の悪化」が主な原因です。

Gunosyはこのタイミングで戦略を転換し、収益性の向上を目的に広告宣伝費を大幅に抑制して、メディア価値・広告価値の向上(メディアの健全化)に注力しました。

この戦略の転換を踏まえて、次章からは冒頭で紹介したGunosyの復活劇から学べる3つのポイントをご紹介します。


ポイント#1:主要事業は明確なKPIを定め、儲かる仕組みを再構築

1つ目のポイントは、「主要事業の立て直し」です。

Gunosyの決算資料を時系列で読むとより分かりやすいのですが、課題とその改善施策を明確にした上で、改善状況を計測するためのKPIを設定しています。そのKPIを達成できるまで広告宣伝費を抑制することで、毎回着実に収益性の改善を重ねています。

画像4

上図は2021年5月期第1四半期(2020年6月-8月)に開示したグノシーの再成長に向けたマイルストーンです。主力事業であるグノシーは、2021年5月期3Q(2020年12月-2021年2月)までを土台構築フェーズとして、メディアの健全化と新コンテンツ投入、収益性向上に注力しました。

2021年5月期3Q時点で、これらのマイルストーンは概ね完了しており、予定通り2021年5月期4Qから広告投資を再開して再投資フェーズへ移行し、より多くのユーザーに受け入れられるメディアとして再成長を進めています。

画像5

その後もメディアとして様々な改善を重ね、継続率等のKPIの改善に注力しました。その結果、今回(2022年5月期3Q(21年12月-22年2月))の決算では、グノシーの売上は前年同期比でも前四半期比でもプラス成長となりました。

このような主要事業の安定的な成長は、企業の財務基盤を安定させ、新規事業への投資を行う上でも非常に重要です。この成長を実現できたことが、再起の大きなきっかけになったと言えるでしょう。

ここまで、Gunosyの事業内容や戦略、Gunosyの復活劇から学べる1つ目のポイントを紹介しました。

次章からは残り2つのポイントと、他のメディア企業と比較したGunosyの株式市場からの評価を紹介します。

この記事は、メディアビジネスに従事する方や広告事業に関心がある方、企業の成長戦略に興味がある方に最適な内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 苦節3年から復活の兆し、Gunosyから学ぶ3つの再起の鍵とは?の答え
・ポイント#2:●●との●●による堅実な連続的成長を実現
・ポイント#3:●●中心の●●による非連続的成長を実現
・Gunosyの市場評価は?
・まとめ

----------------------------

この続きをみるには

この続き: 2,047文字 / 画像5枚
記事を購入する

Q. 苦節3年から復活の兆し、Gunosyから学ぶ3つの再起の鍵とは?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。