見出し画像

Q. Appleをサービス会社として見た場合のARPUは?

Q. Appleをサービス会社として見た場合のARPUは?

A. 年間あたりのサービスARPU(1ユーザーあたりの売上)は$32.73(約3,273円)。

今日の記事では、久しぶりにAppleを取り上げてみたいと思います。

Appleといえば、現状売上の大半はiPhoneが占めているわけですが、iPhoneの販売台数はグローバルで見ても、もう成長があまり見込めない状況になっています。

そんな中でセグメントとして最も伸びているのが、「サービスセグメント」です。

今日の記事では、Appleをハードウェア会社としてではなく、サービス会社として見た場合に、どのように見えるのかというのを決算などから読み解いていきたいと思います。

AppleInc. 2019 Q3 Financial Statements(2019/7/30)

はじめに決算の概要をおさらいしておきましょう。

画像1

2019年の4月から6月の四半期で売上が$53.8B(約5.38兆円)、そのうちハードウェアの売上が$42.4B(約4.28兆円)、サービスからの売上が$11.5B(約1.15兆円)となっています。

前年同期との比較を見ると、ハードウェアの売上は減少していますが、サービス売上は前年同期比プラス二桁で伸びていることがおわかりいただけるかと思います。

画像2

地域別の売上を見ると、北米が最も大きく、続いてヨーロッパ、中国、日本という構成になっています。中国の伸びが止まったことが、ビジネスの成長が止まったことの最大の原因になっています。

さて、それではサービス会社としてのAppleのユニットエコノミクスを詳しく見ていきましょう。


アクティブなiPhoneのデバイス数

はじめに、現在どのくらいのiPhoneがアクティブに利用されているのかを調べてみました。

AppleNow Has 1.4 Billion Active Devices Worldwide(MacRumors 2019/1/29)

Apple's active installed base includes the iPhone, iPod touch, iPad, Mac, AppleTV, and AppleWatch models in use around the world. Of the 1.4 billion active devices, 900 million of those are iPhones.

記事によると、Appleのデバイス全体で14億台がアクティブで、そのうち9億台はiPhoneだと推定されています。


Appleのサービス売上

次に、Appleのサービス売上をもう少し見てみましょう。

画像3

カテゴリー別に見ると、売上という点ではiPhoneが$126B(約1.26兆円)と非常に大きな割合を占めています。しかしサービス売上が目立って伸びてきているだけではなく、規模としても大きな存在感を出していることが分かるかと思います。

四半期あたりのサービス売上が$11.5B(約1.15兆円)なので、Appleのサービス売上を年換算すると$45.8B(約4.58兆円)という計算になります。


iPhoneユーザーの年間アプリ消費額

さらに、iPhoneユーザーは1年間でどの程度アプリでお金を消費しているのかを調べてみました。

画像4

U.S. iPhoneusers will spend an average of $88 per year on apps by 2020(TechCrunch 2017/10/27)

推計値ですが、2019年度はiPhoneの1ユーザーあたり、年間$88(約8,800円)をアプリに消費してる計算になります。

The majority of spending — almost 70 percent — will come from games. As much as $60 of that $88 will be on paid game downloads and in-game purchases.

参考までに、現時点ではユーザーのアプリ消費額のうち約7割がゲームで消費されていると推定されています。

以下では、これらの情報をもとにAppleのサービス売上のユニットエコノミクスを詳細に見ていきたいと思います。

繰り返しになりますが、ハードウェア会社としてのAppleは、今後しばらくの間は大きな成長が見込めません。Appleが伸びるかどうかというのはサービス売上の成長にかかっていると言っても過言ではないのです。

サービス会社としてのAppleを見た場合、

・どのようにユーザーを獲得して、(Appleの場合はハードウェア販売)
・一度獲得したユーザーから一度獲得したユーザーからどのように長期間にわたって継続的に収益をあげるのか

ということが大事になります。

この記事は、ライフタイムの長いサービスを提供している方やしたいと考えている方、ハードウェアとサービスを連動させたサービスを担当されている方、 Appleの将来がとても気になるという方に役立つ内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・iPhoneユーザーのユニットエコノミクス
・AppleのサービスARPU向上施策
・まとめ

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,308文字/画像5枚
記事を購入する

Q. Appleをサービス会社として見た場合のARPUは?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
31

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。