見出し画像

AbemaTVは既にTV地方局を超えレベル。大爆発するかもしれない。

サイバーエージェントの2016年4-6月期の決算が発表されました。

特に既存事業に関しては、相変わらずの絶好調状態で、売上764億円(YoY +24.9%)、営業利益が83億円(YoY +33.2%)でした。

以前書いたように、サイバーエージェントの決算資料は最強に近いくらい分かりやすく、既存事業がなぜ好調なのか、というのは、決算資料を見れば分かるかと思いますので割愛して、AbemaTVの話を書いてみたいと思います。


サイバーエージェントの戦略

藤田社長がここ数年ずっと言っているように、一言で言うと「代理店事業とゲームで稼いで、メディア事業を作る」というのがこの会社の戦略です。

実際過去がどうだったのか、というと、こんな感じでした。

最初、Amebaブログを始めた時は投資家からも散々に言われて、実際、当初想定してように収益が回収できたのかは若干怪しいところがある、というのが本音かと思います。

ブログサービスで儲かっているところはグローバルで見ても皆無で、その中では大健闘されているとは思いますが、Ameba上でのゲームを除くと、ピュアなメディアビジネス(広告)としてのAmebaは、会社の柱になっているか、と言われればNoでしょう。

他方、スマホシフトに関しては、どこよりも上手く乗った、という印象が非常に強いです。今メディア投資が出来ているのも、広告代理店事業・ゲーム事業の両方ともが見事なまでにスマホシフトの波に乗ったから、だという事実は忘れる訳にはいきません。

従って、グラフ中の二つ目の波の投資に関しては、完全にペイした、と言って良いでしょう。さぁ、ここまで1勝1引分け。次の勝負が「動画事業」、というわけです。

(ちなみに、動画事業以外にも、7gogoやAWAなど、いくつかトライをしていて、これだけの新規事業を打ち続けられる企業文化と既存事業の安定感は凄いなぁと思います。)


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Abema TVの現状のKPI
・Abema TVは既に地方局超え!?
・Abema TVは儲かるのか?

----------------------------

この続きをみるには

この続き:1,855文字/画像7枚
記事を購入する

AbemaTVは既にTV地方局を超えレベル。大爆発するかもしれない。

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
38

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。