新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Q. コロナ禍でより大きく成長したのはZoom vs Slackのどちら?

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからご登録ください。
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g
注: 現在、Facebookメッセンジャーでのお届けができなくなっています。お手数ですがLINEへのご登録をお願いします。

----------------------------

ヒント:ZoomとSlackのどちらも前年同期比で大きく成長していますが、どちらか1社が売上をより急拡大させています。


1月を決算期としている会社の2020年2月−4月期の四半期決算が揃い始めました。今回は1月が決算期であるZoomとSlack、いわゆる「リモートワーク銘柄」を代表する2社の2月-4月の第1四半期の決算を比較してみたいと思います。

日本でもリモートワークが始まってから、ZoomとSlackを毎日のように利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

どちらもリモートワークには欠かせないサービスだと思いますが、コロナウイルスの影響を受けて売上成長がより加速したのは一体どちらの会社なのでしょうか?

はじめに、Zoomの決算を見てみましょう。

Zoom First Quarter 2021 Earnings Webinar Earnings Presentation(2020/6/2)

画像1

各種報道などでご覧になった方も多いかもしれませんが、Zoomの四半期売上は前年同期の売上$122M(約122億円)から+169%の$328M(約328億円)と驚異的なスピードで成長しました。 最終調整利益(NonーGAAP利益)は前年同期の$8.9M(約8.9億円)から$58.3M(約58億円)と目を見張る成長となっています。

画像2

従業員が10人以上いる顧客数は前年同期比+354%で伸びています。この意味するところは、Zoomというソフトウェアが10人以上というそれなりの規模のチームで利用され始めているということです。

スライドの右側にある通り、従業員が10人以下の顧客売上も増えています。こちらは大企業だけではなくて中小企業にもセルフサーブ(顧客が自らネットを通じてサービスに申し込みをする)で売れていることを意味するので、マーケティングの効率性を考えると、こちらも良いニュースと言えるでしょう。

次に、Slackの決算を簡単に見ておきましょう。

Slack Q1 FY2021 Report Presentation

画像3

Slackの2020年2月-4月の四半期売上は$202M(約202億円)で前年同期比+50%とこちらも非常に素晴らしい成長となっています。

最終損失(NonーGAAP損失)については、前年同期の-$28.7M(▲約28.7億円)から-$13.3M(▲約13.3億円)と大幅に縮小しています。

画像4

図の左上のグラフによるとSlackを利用する企業数は前四半期末の66万社から75万社に増えています。図の右下のグラフによると、前四半期の有料顧客の純増数は5,000社でしたが、今期の純増数は1.2万社と成長が加速している様子が読み取れます。

このように、ZoomもSlackも決算そのものはとても好調に見えます。今回の記事のタイトルに対しての答えとしては、以下のようになります。

A. 売上成長率という点では、Zoomの方がコロナの恩恵が大きい。
Zoomは前年同期比+169%、Slackは前年同期比+50%。

コロナウイルスを追い風にして、より早く成長しているのはZoomだと言えるでしょう。一方でこの2社には多くの共通点があるのも事実です。

今回の記事の後半では、2社の決算をより詳細に読み込んで分かった「ZoomとSlackの五つの共通点」をまとめました。

また、最後に余談として「なぜSlackよりもZoomの方が成長率が高いのか?」という点を考察しています。五つの共通点と合わせて成長しているSaaS事業が成長の特徴として参考になるかと思います。

この記事は、SaaSビジネスを提供されている方、リモートワークを推奨するビジネスをされている方、ZoomやSlackのヘビーユーザーの方に役立つ内容になっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・共通点#1: ●●率が成長
・共通点#2: ●●よりも●●が加速
・共通点#3: ●●が全体の売上成長よりも早く成長
・共通点#4: ●●が●●%以上
・共通点#5: ●●で黒字化!
・余談: なぜSlackよりもZoomの方がコロナ禍で成長率が高いのか?

----------------------------

この続きをみるには

この続き: 3,252文字 / 画像12枚
記事を購入する

Q. コロナ禍でより大きく成長したのはZoom vs Slackのどちら?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
28
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

こちらでもピックアップされています

決算が読めるようになるマガジン
決算が読めるようになるマガジン
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。