見出し画像

【web3事例DB】6/11更新: BNBチェーンに焦点を当てたNFTマーケットプレイスTabi、NFTゲームのポケモンと期待される Illuvium等

昨年よりサービスを開始している「web3事例データベース」の2023/6/11分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$1M(約1億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。

また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、6/11更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

6/11の更新情報

今週の更新分では、以下の10件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Demox Labs: $4,500,000(6/2)

  • Illuvium: $10,000,000(6/2)

  • Fusionist: $6,600,000(6/1)

  • M80: $3,000,000(6/1)

  • Hogwarts Labs: $8,000,000(6/1)

  • Transak: $20,000,000(5/31)

  • MetaZone: $3,000,000(5/31)

  • Magic: $52,000,000(5/31)

  • Anoma Foundation: $25,000,000(5/31)

  • zkMe: $2,000,000(5/29)

今日もこの中から2件、注目のプロジェクトをご紹介します。

6/11更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

BNBチェーンに焦点を当てたNFTマーケットプレイス Tabi

Tabiは、NFTの大量導入のニーズに応え、NFT資産の作成・取引および適用の促進に取り組んでいます。

特徴はBSC(Binance Smart Chain)に焦点を当てたNFTマーケットということです。BSCは優れたトランザクション速度、コスト効率の高い手数料、堅牢なDeF インフラストラクチャ、EVMとの互換性を提供し、Web3アプリがWeb2ユーザに到達するための適切な環境とされています。

NFTゲームのポケモンと期待される Illuvium

Illuviumは、相互運用可能なオープンワールドを探索し、「Illuvials(イルビアル)」と呼ばれるモンスターを捕獲し、「Illuviary(イルビアリー)」と呼ばれる図鑑を完成させていくイーサリアムブロックチェーン上のNFTゲームです。

レイヤー2ソリューション「Immutable X」を採用することで、NFT取引時のガス代を抑えることができており、イルビウムではガス代がほとんど発生せず、低コストでのNFT取引が可能となっています。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

ここから先は

471字

¥ 50,000 (数量限定:残り 1 / 1)

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!