Q. ワクチン接種が進んでも取扱高の成長率が鈍化しなかったEC企業は?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Q. ワクチン接種が進んでも取扱高の成長率が鈍化しなかったEC企業は?

ヒント:2021年2Qの米国主要EC企業の取扱高成長率は、2021年1Qと比較して軒並み鈍化傾向です。

この記事はゆべしさんとの共同制作です。

コロナの影響で追い風となった領域の1つに「EC(Eコマース)」があります。世界的に巣ごもり消費が拡大したことで、EC企業のGMV(取扱高)は大きく成長しました。

一方で、コロナウイルスの影響が強く出始めた2020年2Q(2020年4-6月)から1年が経過したことで、2021年2Q(2021年4-6月)における米国EC企業のGMVの前年同期比成長率は、2021年1Qと比較して軒並み鈍化しています。

本記事では、このようなトレンドにおいて、米国でEC事業を展開するAmazon・Shopify・eBay・Poshmark・メルカリUSの5社の2021年2QのGMV成長率を比較し、GMV成長率の鈍化を抑えられている企業はどこか、各社の共通点や特徴を見ていきます。

まだコロナの影響が大きかった2021年1Qにおける米国EC企業のGMVについて、こちらの記事で解説しています。まだ見ていない方はぜひご覧ください。

この記事では、1ドル=100円($1 = 100円)として、日本円も併せて記載しています。また、この記事で使用する「成長率」は、特段の注記がない限り、「前年同期比成長率」を指しています。

Amazonの2021年2QのEC取扱高(GMV)・売上

AMAZON.COM ANNOUNCES SECOND QUARTER RESULTS(2021年7月29日)

画像1

まず、Amazonから見ていきます。AmazonはGMVを開示していないため、ECに関連するセグメントの売上を代わりに見ていきましょう。

2021年2Qのオンライン直販(Online Stores)の売上は$53.2B(約5.32兆円)でYoY+13%、2021年1Qの売上は$52.9B(約5.29兆円)でYoY+41%です。(※為替分を除いて成長率を算出しています)

次に、2021年2Qのマーケットプレイス(Third-party seller services)の売上は$25.1B(約2.51兆円)でYoY+34%、2021年1Qの売上は$23.7B(約2.37兆円)でYoY+60%です。

・Prime members in 20 countries shopped more and saved more this Prime Day than any previous Prime Day, purchasing more than 250 million items.

・Prime Day 2021 was the biggest two-day period ever for small and medium-sized businesses in Amazon’s stores worldwide.

引用:AMAZON.COM ANNOUNCES SECOND QUARTER RESULTS(2021年7月29日)

2021年2Qのトピックとして、6月に前倒しで開催された「Prime Day」は、過去最高の売上となりました。世界20ヶ国で累計2.5億点以上もの商品が購入され、世界中のAmazonに出店する中小企業にとって、過去最大の2日間となりました。

しかしながら、2021年2Qのオンライン直販及びマーケットプレイスの売上成長率は、2021年1Qと比較して大きく減少していることから、ワクチン接種率の向上に伴い、コロナ禍におけるEC需要が一段落していることがわかります。


Shopifyの2021年2Qの取扱高(GMV)

Shopify Q2 2021 Financial Results Conference Call(2021年7月28日)

画像2

次にShopifyを見ていきます。

2021年2QのGMVは$42.2B(約4.42兆円)でYoY+40%、2021年1QのGMVは$37.3B(約3.73兆円)でYoY+114%です。YoY+40%という成長率自体は素晴らしいものですが、2021年1Qと比較すると成長率は大きく低下していることがわかります。

画像3

また、Shopify Paymentの取扱高を表すGPV(Gross Payment Volume)は、$20.3B(約2.03兆円)、YoY+51%で、GMV全体の48%がShopifyの決済ソリューションを使用しています。

ここまで、AmazonとShopifyのGMV・売上高の成長率を整理してきました。記事の後半では、eBay・Poshmark・メルカリUSのGMV成長率を見ていき、米国EC企業の共通点や特徴を整理していきます。

この記事は、ECビジネスに従事する方や興味がある方はもちろん、マーケットプレイス型のビジネスに関心がある方におすすめな内容となっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. ワクチン接種が進んでも取扱高の成長率が鈍化しなかったEC企業は?の答え
・eBayの2021年2Qの取扱高(GMV)
・Poshmarkの2021年2Qの取扱高(GMV)
・メルカリUSの2021年4Qの取扱高(GMV)
・まとめ
・米EC企業に共通する特徴
・米EC企業の企業ごとの特徴

この続きをみるには

この続き: 3,711文字 / 画像7枚
記事を購入する

Q. ワクチン接種が進んでも取扱高の成長率が鈍化しなかったEC企業は?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。