見出し画像

トランプ大統領に嫌われている!? Amazonの2つの政治リスク対策

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからLINEで友達登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

決算シーズンが来たので、しばらくは決算の分析を中心に書いていきたいと思います。今日はAmazonの決算を見ていきます。

Amazon Q3 2018 Financial Results Conference Call Slides

はじめに、Amazonが決算で最重要視しているKPIのフリーキャッシュフローですが、2018年の7月〜9月期の四半期では$15B(約1.5兆円)を超え、YoY+93%と非常に大きな伸びを見せています。


YoY+30%の売上成長

四半期ベースの売上で見ると、$56B(約5.6兆円)を超え、為替の影響を除外するとYoY+30%と、こちらも大きく成長していることがわかります。

既に報道などでご覧になった方も多いかもしれませんが、クラウド事業のAWSの売上は前年同期比+46%の約$6.7B(約6,700億円)、営業利益はYoY+77%の約$2B(約2,000億円)となっており、成長率だけではなく、規模としても全体に対して非常に大きな貢献をするセグメントになってきたと言えるでしょう。


全米第3位のオンライン広告プラットフォーム

クラウド事業だけではなく、広告事業も絶好調です。

eMarketerによると、Amazonの2018年の広告売上は約$4.61B(約4,600億円)に上るとされており、オンラインの広告プラットフォームとしては、GoogleとFacebookに次いで全米第3位の規模になっていると推測されます。

それだけではなく、2020年には$10B(約1兆円)を超えるとも言われており、広告事業の利益率の高さを考えると、AWS並みの利益貢献をしてくる可能性も十分あると言えるでしょう。


約半数のユーザーは買い物「検索」をAmazonで始める

さらにこちらの記事にあるように、オンラインで買い物をする際に、まずAmazonに入ってから検索を行う、というユーザーが年々増えており、55%のユーザーがショッピング検索をする際にGoogleではなく、Amazonで検索を始めるという調査結果も出ているほどです。

55 percent of online shoppers start their product searches on Amazon(recode)


Amazonのことが大嫌いなトランプ大統領

ここまでくるとAmazonはもう無敵のようにも見えますが、現時点でAmazonが自分たちでコントロールできないかもしれない、一番大きなリスクとして考えられるのが政治リスクだと言えるでしょう。

特にトランプ大統領は公にAmazonのことを度々批判してしています。

トランプ氏、アマゾンを再び批判(日経新聞 2018/7/24)

トランプ米大統領は23日、自身のツイッターで再びアマゾン・ドット・コムが米郵政公社(USPS)を「配達員」扱いしていると批判し、「競争政策上の問題がある」との見方を示した。
トランプ氏がアマゾンを攻撃する背景には、アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が保有する米紙ワシントン・ポストの報道に対するいらだちがある。アマゾン批判に先立ち、ワシントン・ポストによる北朝鮮との非核化交渉が難航しているとの報道を「偽ニュース」と指摘。

トランプ大統領のAmazon批判はここに上げた例だけではなく、様々な側面から継続的に行われているので、Amazonとしてはこれが非常に大きな政治リスクだといえるでしょう。

一方で、Amazonとしてもこの状況を黙って見ているのではなく、しっかり手を打ってきているようにも見えますので、今日はAmazonが政治リスク対策として行なったことのうち二つを紹介してみたいと思います。

この記事は、ビジネスと政治の接点に興味がある方、広報や渉外などを担当されている方、霞ヶ関などの役所とビジネス系の接点が多い方に参考になる内容となっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Amazonの政治リスク対策その1: ●●を$●●へ上げた
・Amazonの政治リスク対策その2: ●●を出し、●●が増えてきている

----------------------------


この続きをみるには

この続き:2,648文字/画像2枚
記事を購入する

トランプ大統領に嫌われている!? Amazonの2つの政治リスク対策

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
19

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。