見出し画像

Q. 複数メディア運営のじげんが赤字転落からV字回復した3つの理由とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:複数メディア運営のじげんが赤字転落からV字回復した3つの理由は以下の通り。
(1) 急成長の理由#1 健全性を保った上での●●
(2) 急成長の理由#2 安定した●●
(3) 急成長の理由#3 ビジネスモデルの●●を強化

この記事はゲストライターとの共同制作です。

株式会社じげんは、美容業界特化型求人メディアのリジョブ等を中心に人材・不動産・生活領域でのメディア運営をし、企業と個人ユーザーのマッチングビジネスを展開しています。

コロナの影響で営業赤字に転落した、じげんのFY23 (2022年4月〜2023年3月)の決算は、人材・不動産・生活領域の全ての領域で売上増収増益でした。

今回の記事は、前半でじげんの業績を解説、後半でじげんが営業赤字からV字回復した理由について考察していきます。


じげんの株価が好調

上図は、じげんの直近1年間の株価の推移です。

堅調な推移となっていましたが、2023年2月7日と5月10日の決算発表翌日から株価が上昇しています。


業績推移とそこから見る事業の特徴

上図は、FY21〜FY23(2020年4月〜2023年3月)までの四半期毎の業績推移です。

FY23 4Q(2023年1月〜3月)の四半期売上は、55億円(YoY+38.1%)、営業利益は13億円(YoY+37%)と増収増益となっています。

直近の売上の推移をみると、コロナの流行が落ち着いたFY22(2022年3月期)に売上成長は停滞しますが、FY23(2023年3月期)から再び売上が右肩上がりで成長を続けています。

営業利益についても、FY21 3Q(2020年7月〜9月)で▲32億円で底打ち後、売上推移と同じように回復・成長傾向が見られます。

次に、事業全体ならびに事業セグメント別の通期売上を見ていきます。

事業全体のFY23(2023年3月期)売上は、187億円(YoY+22.5%)、対業績予想102%と、予想どおりに達成しています。

事業セグメント別でみると、以下のようになります。

Vertical HR(人材事業):71億円(YoY+19.4%)、業績予想:109%達成
→リジョブ等の「業界特化型求人メディア」「業界特化型人材紹介」等の人材事業

Living Tech(不動産事業):48億円(YoY+18.9%)、業績予想:94%達成
→「賃貸ポータルサイト」「リフォーム料金比較サイト」等の不動産メディア事業

Life Service(生活事業):67億円(YoY+28.7%)、業績予想:103%達成
→「中古車輸出ポータルサイト」「ホテルのホールセール」等の生活関連メディア事業

FY23(2023年3月期)のLiving Techの売上は、業績予想には未達であるものの、全ての事業で2桁台の売上成長をし、順調に伸びています。

このように、じげんは、様々な事業・サービスを展開していますが、どのようにして人材・不動産・生活と全く異なる領域で急成長を遂げたのでしょうか。

ここまでは、じげんの業績について見てきました。記事の後半では、じげんが営業赤字転落後からどのようにV字回復したのか?について考察していきます。

この記事は、メディア運営に携わる方や興味がある方はもちろん、事業戦略に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q.複数メディア運営のじげんが赤字転落からV字回復した3つの理由とは?の答え
・急成長の理由#1 健全性を保った上での●●
・急成長の理由#2 安定した●●
・急成長の理由#3 ビジネスモデルの●●を強化
・まとめ


ここから先は

3,312字 / 8画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!