ランサーズ

Q. 上場したばかりのランサーズとクラウドワークスの1クライアントあたりの年間発注単価の差はどのくらい?

LINE@のプラン変更の影響を受け、LINEメッセージが送信不可能になりました。
今後はFacebook Messangerで新着記事をお届けいたしますので、ご希望の方はお手数ですが↓↓よりご登録(無料)お願いします。

----------------------------

A. ランサーズは19.4万円。クラウドワークスは31.7万円。
1クライアントあたりの年間発注単価はクラウドワークスの方が約1.6倍大きい。

この記事はYusuke Gotoさんとの共同制作です。Yusukeさんは、医療介護領域で複数事業展開している会社でSaaSのセールスを担当されている、サウナが大好きなライターさんです。

本日は12月16日にマザーズに上場した「ランサーズ」と、何度か取り上げている「クラウドワークス」を比較していきたいと思います。

ご存知の方が多いと思いますが、両社のメインの事業は、「クラウドソーシング」と呼ばれる事業です。ウェブサイトや動画制作、ライティングやイラスト制作などネットを介して提供できる様々なサービスをフリーランスや副業などで提供する個人と、より多くの選択肢から値段に見合ったアウトプットを求める企業や個人をネット上のプラットフォームでマッチングする事業を柱としています。

同じクラウドソーシング事業をメインで展開している両社のKPIのうち、似ている部分と異なる部分はどういったところにあるのでしょうか?

まずはじめに両社の決算の概要を見てみましょう。

・新規上場申請のための有価証券報告書(2019年11月13日)

・2019年9月期 通期 決算説明資料(2019年11月19日)


ランサーズの決算概要

画像1


2019年3月期の1年間の流通総額は64億円で前年同期比+21%となっています。

※ランサーズは直近の数値として2020年3月期第2四半期の数値を公表していますが、2019年度3月期第2四半期時点の数値は公表されていないため、2019年3月期通期と前年度の数値をベースに比較します。

画像2

次に売上、売上総利益と営業利益を見ていきます。

売上は約25億円で前年同期比+32%、売上総利益は約14.8億円で前年同期比+18%と早いペースで成長していますが、営業損失は△2億円と引き続き赤字が出ている状況です。しかし、2020年3月期第2四半期の決算では営業利益が約5,500万円と黒字化を達成しています。


クラウドワークスの事業セグメントの変更について

次にクラウドワークスの決算です。
クラウドワークスの決算概要を読み解くにあたって、必要なセグメント変更についてはじめに共有します。

画像3

元々8つに分かれていた事業セグメントを、2020年9月期から「マッチング事業」、 「受託事業」、「その他」の3セグメントに再編成しています。

今回はクラウドソーシングの事業が主になっている「マッチング事業」のKPIを見ていきたいと思います。


クラウドワークスの決算概要

ではクラウドワークスの決算概要について見ていきます。

画像4

クラウドワークスのマッチング事業の総契約額は2019年7月-9月期四半期で約31.2億円、前年同期比+37.4%と引き続き早いペースで成長しています。

画像5

マッチング事業の売上も非常に高い成長率で、直近の四半期で前年同期比+30.6%の約14.5億円となっています。

1年間の売上を比較すると、ランサーズの売上25億円に対して、クラウドワークスのマッチング事業は52億円と約2倍の規模の差があります。

画像6

マッチング事業の売上総利益は6.3億円で前年同期比+23.1%となっています。

クラウドワークスのマッチング事業セグメントにおける総契約額、売上高、テイクレート(売上総利益率)が20%以上の成長率となっており、順調に成長していると言えるのではないでしょうか。


ランサーズとクラウドワークスのテイクレートの違いはどのくらい?

次に、ランサーズとクラウドワークスのテイクレートの差を比べてみましょう。

テイクレートの計算方法についていつもの記事と少し違う点があるので説明します。ECサイトの記事では、テイクレート=売上/流通総額で計算していますが、クラウドワークスの決算説明会資料では、売上総利益/流通総額をテイクレートとしています。

これを踏まえた上で、前述したランサーズの流通総額と売上総利益をベースに計算すると、以下のようになります。

流通総額:64億円
売上総利益:約14.8億円
=>テイクレート:23.1%

画像7

クラウドワークスのテイクレートは、直近の2019年9月期第4四半期に20.2%を記録しています。

両社のテイクレートをまとめると以下のようになります。

・テイクレート比較
ランサーズ:23.1%
クラウドワークス:20.2%
=>約2.9%、ランサーズの方がテイクレートが高い

今後期待されるランサーズ流通総額の成長に伴い、テイクレートがどのように変化していくのか注目していきたいと思います。


クラウドワークスの1クライアントあたりの年間発注単価はランサーズの何倍か?

冒頭で記載した1クライアントあたりの年間発注単価の差分を見ていきたいと思います。

画像8

ランサーズのクライアントあたりの発注金額は、2019年3月期の1年間で19.4万円です。

画像9

対して、クラウドワークスは1クライアントあたりの年間発注単価が31.7万円です。

まとめると以下の通りになります。

・年間発注単価比較
ランサーズ:19.4万円
クラウドワークス:31.7万円
=>クラウドワークスが約1.6倍大きい

年間の発注単価の差が、売上規模の差に大きく影響していること分かります。テイクレートと同様に1クライアント毎の発注単価も、今後ランサーズとクラウドワークスの成長を見ていく上で重要な指標の一つになるのではないでしょうか。

ここからの記事では、ランサーズの今後の成長において重要だと思われる数値について、クラウドワークスとの比較から明らかにしてきます。

この記事は、シェアリングエコノミービジネスに携わっている方、マーケットプレイス型のビジネスを担当されている方などに最適な内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・重要なKPIその1:●●数の比較
・重要なKPIその2:●●の割合比較
・重要なKPIその3:過去1年間の●●数の比較
・重要なKPIその4:過去1年間の●●の割合比較
・主要KPIまとめ

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,990文字/画像6枚
記事を購入する

Q. 上場したばかりのランサーズとクラウドワークスの1クライアントあたりの年間発注単価の差はどのくらい?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
53
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。