見出し画像

ヤフーとFacebookの1ユーザーあたりの広告売上は実は大差ない!?

ヤフーが2016年1-3月期の決算を発表しました。Eコマースでの大量広告投入が話題になりがちですが、本業の広告ビジネスをちゃんと見てみたいと思います。

ヤフーと言えば、PCでは完全に「王様」だったわけで、その王様がモバイル(スマホ)対応をちゃんと出来ているのか、という視点で見たいと思います。

スマホ広告の「王様」と言えば、Facebookです。Facebookほど上手にスマホ化の波に乗った会社は他にないでしょう。比較のためにTwitterも併せて比較してみます。


ヤフーのスマホ対応状況

まずユーザー数ですが、DUB(1日あたりのユニークブラウザ数)で見ると、5143万ブラウザがモバイルからのアクセスとなっていて、YoY +25.6%とのことです。グラフを見ると、デスクトップからのアクセスは少しずつ減っていて、それを補う増加がモバイルで起こっているということです。

ただし、ここに書いてあるように、DUBという指標は、アプリとウェブの閲覧を重複カウントしてしまうので、そこは多少割り引いてみる必要があります。

アプリ、ブラウザーからの閲覧を含んだ年間平均です。アプリ、ブラウザーの両方から閲覧した場合は、重複カウントしています。

次に、広告売上の方を見ると、前四半期で、全広告売上のうち44.1%がモバイル経由になった、との記載があります。

前四半期での広告売上が717億円なので、その44.1%(316億円)がモバイルでの広告売上ということになります。


ヤフーのモバイルでの1ユーザーあたりの月間広告売上

上記を整理すると、

 ・モバイルDUB: 5143万ブラウザ
 ・モバイル広告売上: 316億円/四半期

これらの数字から「1ユーザー(DUB)あたりの月間広告売上」を計算すると、205円になります。この数字をFacebookやTwitterと比較してみたいと思います。なお、FacebookやTwitterのARPUを見る際は、全世界平均を見るのではなく「北米」の数字を見ることにします。(本来は「日本」の数字同士で比較できるのが一番良いのですが、日本単体での開示はされていません。)


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月(=今月末まで)無料です。今月末までに解約すれば費用はかかりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Facebookの1ユーザーあたりの月間広告売上
・Twitterの1ユーザーあたりの月間広告売上
・「1ユーザーあたりの月間広告売上」の比較
・おまけ

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,043文字/画像6枚
記事を購入する

ヤフーとFacebookの1ユーザーあたりの広告売上は実は大差ない!?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
15

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。