見出し画像

【web3事例DB】4/16更新: オムニチェーンプロトコルLayerZero、dRTC(分散型リアルタイム通信)エンジンを構築するHuddle01等

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の4/16分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$1M(約1億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。

また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、4/16更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

4/16の更新情報

今週の更新分では、以下の17件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Steer Protocol: $1,500,000(4/8)

  • Huddle01: $2,800,000(4/7)

  • Opside Network: $4,000,000(4/6)

  • Social Future: $6,000,000(4/6)

  • RACA: $16,000,000(4/6)

  • Finst: $4,400,000(4/5)

  • Satsuma: $5,000,000(4/5)

  • M^ZERO: $22,500,000(4/5)

  • Astria: $5,500,000(4/5)

  • Nibiru Chain: $8,500,000(4/5)

  • Ecosapiens: $3,500,000(4/5)

  • Franklin: $2,900,000(4/4)

  • LayerZero: $120,000,000(4/4)

  • Bitget: $10,000,000(4/4)

  • Zealy: $3,500,000(4/4)

  • Alchemy Pay: $10,000,000(4/3)

  • GoJoe: $1,200,000(3/24)

今日もこの中から2件、注目のプロジェクトをご紹介します。

4/16更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

オムニチェーンプロトコル LayerZero

LayerZeroは、オムニチェーン相互運用プロトコル(Omnichain’ Protocol)により、相互運用性を可能にします。無数のブロックチェーン間でシームレスなクロスチェーンメッセージングを促進するインフラを提供しています。

開発者は、クロスチェーンのやり取りを行う仲介者を必要とせずに、複数のブロックチェーンにまたがるプロジェクトを構築することができます。

dRTC(分散型リアルタイム通信)エンジンを構築する Huddle01

Huddle01は、暗号プリミティブを使用する独自のビデオ会議プラットフォームを提供しています。リアルタイムコミュニケーションをオープン、セキュア、ボーダレスにすることを目標に設立されました。

インフラストラクチャ(開発者向けSDK) には、ソーシャル、DAO、教育、メタバースなどのカテゴリーで、その上に構築された100を超えるプロジェクトが存在し、複数のweb3アプリケーションが、Huddle01のビデオ通信レイヤーに統合されています。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

ここから先は

476字

¥ 50,000 (数量限定:残り 1 / 1)

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!