音声アシスタント周辺の「音の広告」ビジネスが大きくなる(かもしれない)4つの理由

先日から書いている通り、音声アシスタントデバイスがとてもホットです。

Amazon Echoの売上は順調に伸び続けているようですし、先日、GoogleがGoogle Homeを発売しました。

今日は、この音声アシスタント周りで「音の広告」がホットになりそうだ、というお話です。

このnoteでは、その理由を4つあげていきたいと思います。特にメディアビジネス担当の方、広告業界の方には役に立つと思います。


理由1: 音声デバイスは(かなり高い確度で)普及する

Gartnerの調査によると、2015年時点で、音声アシスタントデバイスの市場規模は$360m(360億円)のところ、2020年には$2.1B(2100億円)にまで大きくなるとされています。

Amazon Echoは既に250万台が販売されたということですが、Googleも参入し、Appleの参入も噂されていますが、「音声アシスタントデバイスは本当に売れるのか?」という点に関しては、「売れそうだ」と言うことができるでしょう。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・理由2: ブランド側が「音のマーケティング」に注力し始めている(今後2年で約●倍へ)
・理由3: 「音の広告」予算が増え始めている(今後2年で約●倍へ)
・理由4: 「音の広告」は既に●●の成功で成功モデルが確定済

----------------------------

(表紙画像: http://nimblechapps.com/top-5-every-week/top-5-important-features-amazon-echo-google-home-lacks)

この続きをみるには

この続き:882文字/画像4枚
記事を購入する

音声アシスタント周辺の「音の広告」ビジネスが大きくなる(かもしれない)4つの理由

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
17

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。