Fintechの主要3モデルの収益性(テイクレート)言えますか?

先日、クレジットカードビジネスの収益性のテイクレートに関する記事を書いたところ非常に好評で、他のFintechビジネスについても同様の記事が読みたい、という声を多数頂きました。そこで今日は、Fintechビジネスの重要な3つのモデルについて、収益性テイクレートを分析してみたいと思います。

具体的には、決済プラットフォームのPayPal、店舗決済端末のSquare、金貸しマーケットプレイスのLendingClubの3つを比較してみたいと思います。

テイクレートというのは、取扱高が100あった場合に、いくらの売上になるのか、を表す割合のことです。

それでは早速3つのビジネスを見てみましょう。


その1: 決済プラットフォームのPayPalの収益性(テイクレート)

はじめにPayPalの2016年10月〜12月期の決算を見てみます。

取扱高は$99b(約9兆9,000億円、YoY+25%)、売上が約$3b(約3,000億円、YoY+19%)と非常に好調でした。

アクティブなアカウント数が1億9,700万アカウントでYoY+10%、1アカウントあたりのトランザクション数は四半期あたり31回でYoY+13%となっています。

PayPal に関しては、以下の決算資料の中に、テイクレートが記載されたスライドがあります。

このスライドによると、トータルでのテイクレートは3.00%、純粋にトランザクションの部分だけで見ると2.63%という結果になっています


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4~8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・(余談)PayPalのテイクレートが下がってきている理由
・その2: 店舗決済端末のSquareの収益性(テイクレート)
・その3: 金貸しマーケットプレイスのLendingClubの収益性(テイクレート)
・まとめ

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,735文字/画像6枚
記事を購入する

Fintechの主要3モデルの収益性(テイクレート)言えますか?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
35

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。