見出し画像

EC関係者はとにかく(ウェブではなく)アプリに積極投資すべし

以前のしば談で「非ゲームアプリのマーケティングについて語ったよ」という対談を行いました。

その際にも話が出たのですが、「EC系でアプリ対応が進まない」という話で、これはアメリカでも日本でも良く聞く話です。よく聞く話は「ウェブでも大体同じようなことができるから」というような曖昧な理由です。

今日は少しデータで「EC系でアプリ対応をしっかりしない」ことが如何に損なのか、という話をしたいと思います。

EC関係者の方は、必見だと思いますし、この記事を最後まで読まない人でも「とにかくスマホアプリに全力投球すべし」ということが伝わればなぁと思います。


スマホ利用時間: アプリ >>> ウェブの傾向がより加速

まずは、スマホにおけるアプリ vs ウェブの全体トレンドを抑えておきましょう。

comScoreのデータによると、最新のデバイス別利用時間(2016年7月)は以下のようになっています。

スマホ(アプリ) 50%
スマホ(ウェブ) 7%
デスクトップ 32%
タブレット(アプリ)9%
タブレット(ウェブ)2%

また、スマホ(アプリ)のデジタルメディア利用時間におけるシェアを見ると、↑の図のようにうなぎのぼりに増えています。

HTML5やAMPなど、ウェブ利用を加速する施策がたくさん発表されていますが、ユーザーはそれでも、まだまだアプリの方が(ウェブよりも)便利だと感じて、多くの時間を費やしているようです。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・デバイス別のECサービスのトラフィック
・デバイス別のECサービスの売上件数
・スマホにおけるEC主要KPI: アプリ vs ウェブ
・まとめ

----------------------------

(表示画像: http://007media.info/2015/12/17/mobile-web-vs-mobile-app-what-your-marketing-strategy-should-target/)

この続きをみるには

この続き:1,378文字/画像3枚
記事を購入する

EC関係者はとにかく(ウェブではなく)アプリに積極投資すべし

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
31

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
5つ のマガジンに含まれています

コメント2件

アプリを入れているのは、常連さんが多いと考えると、色んなKPIが(いちげんさんも含まれる)ウェブより高くなると思うため、単純にそれらの数値を比較すると、アプリが勝つと思っていたのですが、どうでしょうか?
アプリのほうが使いやすいから数値が高いのか、常連さんが多いから数値が高いのか? 私はどちらかというと後者の影響が高いからだと思っていたました、、(何か足りない視点があれば教えて頂けますと幸いです)
いつも勉強させて頂きありがとうございます。私も上の方と同様に、月に2回以上使われる19個のアプリに入る難しさを感じたのですが、一見さんをウエブでの体験でしっかり捕まえた上で、更にユーザー体験の高いアプリでしっかりと囲い込んで、LTVをあげて行こうという事かとおもいました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。