夢の電気自動車テスラはどうすれば黒字になるのか?

6本目です。今日はネット企業ではなく、電気自動車のテスラの決算を見てみましょう。

テスラが10億ドル近い損失を記録 マスクCEOは強気の姿勢崩さず」という報道が出ている通り、まだまだ赤字の会社です。

テスラは、これまでも赤字というだけでなく、幾度となく資金難に苦しみましたが、スティーブ・ジョブズの後継者とも言われるCEOのイーロン・マスクが自己資金を数百億円単位で投入したり、驚異的な粘りを見せて乗り越えてきました。遂にはIPOもし、市場から資金調達をできるようになって、落ち着いたかに見えましたが、まだまだ黒字化への道は遠いようにも見えます。

実際にテスラの車に乗ってみると、「あぁ、これが未来の自動車なんだなぁ」ということが良く分かります。音は(プリウスなどよりも)静かだし、加速は凄く速いし、車内に大きなタブレットが設置されていて、全て電子的にコントロールされていて、理系男子(?)的にはドキドキします。

最近は、「自動運転機能」をソフトウェア・アップデートで提供するなど、自動車業界で最も進んでいる会社であることは間違いありません。ハードウェアを変えずに、ソフトウェアをOver the Airで更新するだけで、自動車の機能をアップデートできる、というのが何とも凄いですね!


テスラの電気自動車一覧

テスラが最初に販売したのが、テスラ・ロードスターと呼ばれる、所謂スポーツカータイプでした。今はもう販売していませんが、この車種で「デザインが優れた高性能な電気自動車を作ることが出来る」ということを証明しました。

次のモデルがModel Sです。これは所謂、「高級セダン」で、トヨタのクラウン、ホンダのアコードなどと同じラインです。今はこの車種が主力商品。

今販売している中で最も新しいのが、Model Xで、これはSUVタイプです。トヨタのRAV 4、ホンダのCR-Vに相当します。この真上に開く「ファルコン・ドア」は見ると感動します。

そして、2016年3月末に発表すると噂されているのが、Model 3で、こちらは小型セダンです。BMWの3シリーズを意識して「3」という名前になっていると思われます。噂では、補助金なしで$35,000〜になる見込みで、アメリカでの国・州の補助金を入れると$25,000〜になるのではという説もあり、多くの人が待ち望んでいます。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を300円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月(=今月末まで)無料です。今月末までに解約すれば費用はかかりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・テスラの現在の販売台数・市場シェア
・テスラの売上・営業損失
・テスラが1台納車するといくら赤字になるのか?
・どこに改善余地があるのか?
・テスラの最大の課題
・倒産の心配はないのか?

----------------------------

この続きをみるには

この続き:3,531文字/画像8枚
記事を購入する

夢の電気自動車テスラはどうすれば黒字になるのか?

決算が読めるようになるノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
62

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
5つ のマガジンに含まれています

コメント5件

すごく勉強になりました! 次の投稿も期待しています!
月額に登録したのですが、続きが読めません。過去の記事は読めないという仕様なのでしょうか?
これはnoteの仕様なので、著者にはどうにもできないのですが、継続課金の有料マガジンは、購入した月以降に追加されたノートのみが閲覧できるようになるようです。つまり、3月に有料マガジンを購入開始すると、2月(以前)のノートは閲覧できないみたいです。
早速ご回答いただき、ありがとうございます!noteの仕様であること、承知しました。これからも楽しみに購読させていただきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。