見出し画像

WantedlyがSaaSビジネスとして超いい感じに進化している件

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからLINEで友達登録してください。

https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

今日の記事では昨年に上場したWantedlyを取り上げてみたいと思います。

ちなみにWantedlyは決算期が8月なので、今回は2018年3月から5月期の第3四半期の決算を詳しく見ていきます。

*ウォンテッドリー株式会社 2018年8月期Q3決算説明

はじめに売上と営業利益を見ていきます。

売上は四半期当たり5億8,300万円、前四半期と比較して+16%以上と場合に非常に高い成長率を誇っています。

グラフを見れば分かる通り、基本プランもオプションも両方とも綺麗な右肩上がりの伸びを見せています。

売上の前年同期は+68.4%となっています。

営業利益は6,900万円で前年同期と比べると−21.9%と落ち込んでいます。


広告宣伝費と営業利益率の関係

営業利益が前年同期比で落ち込んでいる理由を見てみましょう。

グラフを見ればお分かりいただけるかと思いますが、大きく二つの要因が挙げられます。

一つ目は人件費・通信費などの固定費が大きく増えている点。二つ目はWantedly Peopleに対する広告宣伝費が大きく増えている点があげられます。

つまり、固定と変動費の両方で大きな投資を続けていることが要因だと言えるでしょう。

右側のグラフにある通り、広告宣伝費を除外して営業利益率を計算すると約35%と一定の水準を保っており、今のところ固定費の増加分が大きく収益を圧迫しているということはなさそうです。

一方で左側のグラフにある通り、営業利益は四半期毎に大きく増加しています。一つ前の図の「広告宣伝費の投下状況」と合わせて見てみると、Wantedly Peopleの広告宣伝費を季節毎にかなりコントロールしていることが窺えます。

さて、ここまでの数字からWantedly Peopleに大きな広告宣伝費を投下しなければ安定的に利益率を維持したまま成長をし続けているように見えます。以下ではWantedlyの本業のB to Bビジネス部分のユニットエコノミクスを因数分解し、SaaSビジネスとしての実態を明らかにしていきたいと思います。

この記事は、SaaSビジネスを展開されている方、人材系のビジネスを展開されている方、B to Bビジネスを担当されている方、上場企業で新規事業を担当されている方に役立つ内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・1企業ユーザーあたりの売上
・1企業ユーザーあたりの獲得コスト
・まとめ: SaaSビジネスとして見た場合の2つの優れた特性

----------------------------


この続きをみるには

この続き:2,503文字/画像5枚
記事を購入する

WantedlyがSaaSビジネスとして超いい感じに進化している件

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
37
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。