見出し画像

【web3事例DB】7/27更新: AIで新規NFTと既存NFTの類似性を判定するOptic、スポーツのゲームプラットフォームのScorefam等

決算が読めるようになるノート

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の7/27分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$10M(約10億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、7/27更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

7/27の更新情報

今週の更新分では、以下の10件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Hashflow: $25,000,000(7/21)

  • Optic: $11,000,000(7/20)

  • Zebedee: $35,000,000(7/19)

  • Halborn: $90,000,000(7/19)

  • XLD Finance: $13,000,000(7/19)

  • Travel Coin: $35,000,000(7/19)

  • Meow: $22,000,000(7/18)

  • Realm: $10,000,000(7/15)

  • Zamp: $25,000,000(7/15)

  • Scorefam: $25,000,000(7/14)

今週の1億ドル以上の大型調達案件は、ありませんでした。資金調達環境が悪化していることが影響しているせいか、件数も7月以降は少なく感じられます。
数は少ないですが、web3領域では日々新たなプロジェクトが誕生しています。今週も面白いプロジェクトをご紹介します。

7/27更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

AIで新規NFTと既存NFTの類似性を判定 Optic

Opticは、NFTの類似性を判定するAIエンジンを開発、提供しています。画像の反転、色の変化、わずかな歪みやぼやけなど、視覚的な類似性をチェックし、マーケットプレイス、ブランド、メディア企業に対して、知的財産権侵害の可能性を通知してくれます。

スポーツのゲームプラットフォーム Scorefam

Scorefamは、Play-to-earnのスポーツゲームのベッティングと、NFTマーケットプレイスの2つの機能から構成されています。
ベッティングは、200以上のサッカーリーグの試合結果を正確に予想し、トークンを獲得することができるゲームです。NFTマーケットプレイスでは、デジタル選手カードを使用して仮想チームを売買、管理することが可能です。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

この続きをみるには

この続き: 352文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 1 / 1

【web3事例DB】7/27更新: AIで新規NFTと既存NFTの類似性を判定するOptic、スポーツのゲームプラットフォームのScorefam等

決算が読めるようになるノート

50,000円

決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。