見出し画像

スタートアップはどこまで赤字を掘っても許されるのか

最近立て続けに、マネーフォワードの赤字上場に関して書いたところ、非常に大きな反響を頂きましたので、今日はもう少し一般化して、掘り下げてみたいと思います。 

 【保存版】マネーフォワードのIPOはSaaSのお手本レベル  

深謀?無謀?赤字上場ベンチャーの見極め方 

ズバリ、テーマは、スタートアップがどこまで赤字を掘っても許されるのか、です。 


 スタートアップが赤字になりがちな理由 

スタートアップやベンチャー企業といった、創業間もない、急成長を目指す会社は、一般的に赤字になりやすい傾向にあります。理由はいくつか考えられます。 

1つ目は、ベンチャーキャピタルなどからの資金供給が豊富であるために、短期の売上や利益を追求するプレッシャーがあまり大きくない、という点が挙げられます。この点に関してはもちろん賛否両論あるかと思いますが、スタートアップたるもの、大きな夢や野心を抱いてそれに向けて邁進すべし、という観点では、必ずしも悪いことではないのかもしれません。

2つ目は、スタートアップに要求される成長スピードです。スタートアップはその性質上、非常に速いスピードで急成長を求められるケースが多く、短期的な利益と成長スピードを天秤にかける場合、成長スピードが優先される、と言うのは極めて合理的な考え方でもあります。 

3つ目は、特に立ち上がったばかりの市場の場合、マーケットシェアを取ることが極めて重要だという点につきます。よくファーストムーバーアドバンテージという言葉を使いますが、これまでなかった市場において、競合よりも先にユーザーやお客さんを獲得していく、ということの重要性は、強調しすぎてもしすぎることはありません。 

では仮に、ベンチャーキャピタルから潤沢な資金が供給されて、急成長出来ていて、マーケットシェアも順調に拡大出来ている、というスタートアップがあったとしましょう。一見するととても順調に聞こえるかもしれませんが、こういったスタートアップであっても無限に大きな赤字を掘って良いわけではありません。 

では一体、どの程度の赤字であれば許容されるのでしょうか。 


 SaaSの「40%ルール」 

冒頭で紹介したマネーフォワードの例では、SaaSの「40%ルール」を適用してあります。 

 SaaSの「40%ルール」というのは、

Your annual revenue growth rate + your operating margin should equal 40% 

とある様に、「売上の前年同期比成長率」と「営業利益率」を合計したものが40%以上であることが望ましい、というルールです。 

例えばYoY+100%で伸びているビジネスの場合、営業利益率がマイナス60%までの赤字であっても許容される、という考え方です。 

或いは売上がYoY+40%の場合、その会社はブレークイーブンであるか黒字である必要があります。 

売上がYoY+20%の場合、営業利益率が+20%以上である必要があります。 

40%ルールの背景にある考え方は、特にSaaSビジネスの様に、初期に赤字が先行し、長い時間に亘って売上を回収していく様なモデルの場合、 

・トップラインを成長させていくことは非常に重要で 
・トップラインが早いスピードで成長している限りそれに応じて大きな赤字を計上することも許容される 

 という考え方です。 

ただこの40%ルールの考え方は、SaaSの様に、初期の(顧客獲得前の)営業マーケティング費用が大きくかさむビジネスには適用しやすいのですが、それ以外のビジネスには適用するのが難しいという難点があります。 

そこで、最近新しく提唱されている「5倍積み上げルール」というものを紹介してみたいと思います。

 

---------------------------- 

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4~8本の有料ノートが追加される予定です。 

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。 

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。 

・「5倍積み上げルール」とは
・「5倍積み上げルール」のサンプル 

---------------------------- 

この続きをみるには

この続き:2,027文字/画像1枚
記事を購入する

スタートアップはどこまで赤字を掘っても許されるのか

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
35
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。