見出し画像

マイクロソフトは上場時の目論見書も神がかっていた!?(後編)

マイクロソフトの1985年時点での株式公開時の目論見書を詳しく読むシリーズの後半です。 

前半はこちらからご覧いただけます。

マイクロソフトは上場時の目論見書も神がかっていた!?(前編)

前半の目次は以下の様になっています。

・上場時の時価総額
・上場時の(年間)売上は$170M(約170億円)
・製品ごとの売上内訳
・費用の内訳: 販売管理費 > R&D費
・経営陣: ビル・ゲイツCEOは上場時に30歳
・経営陣の給与

後半は、株主構成や株式インセンティブの設計方法などを詳しく見た後に、1985年当時に日本市場における大きな変更があったのでその経緯を詳しく見てみたいと思います。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4~8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・上場時の株主構成
・経営陣による自社株買い・会社から経営陣への貸付
・従業員への自社株購入プラン
・日本市場における大きな変更

----------------------------

この続きをみるには

この続き:6,335文字/画像3枚
記事を購入する

マイクロソフトは上場時の目論見書も神がかっていた!?(後編)

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
6
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。