見出し画像

飲食店オンライン予約について現時点で頭に入れておくべき2つの数字

以前、こんなnoteを書きました。

今日は、「レストランのオンライン予約」の定点観測です。

レストランのオンライン予約は、相当盛り上がってきているように見えますが、その中でも重要な2つのKPIに関して比較してみます。


食べログのオンライン予約サービスの現状

食べログ2016年10月から12月期の決算を見ていきます。

■カカクコム 2017年3月期第3四半期決算説明資料(2017/2/2)

課金飲食店数及びARPUがそれぞれ右肩上がりで上昇していることがよくわかります。また個人向けの有料サービス加入者数が増加傾向にあります。
(*ARPU= Average Revenue Per User。一契約者あたりの売上。)

オンライン予約の予約人数は、前年同期+125%で264万人と大幅に増加していることがわかります。1ヶ月あたり88万予約という計算です。食べログは、加盟店の月額課金にプラスして、ネット予約の来店人数に応じた従量課金もしているので、オンライン予約人数は売上に影響があります。

決算の質疑応答を見ると、

Q5. 食べログ新プランの契約店舗数と全代理店稼動のタイミングについてもう少し具体的に教えて欲しい。

A5. 新プランの契約店舗数は 1月で約2,500店舗となり、期末で3,000~4,000店舗を見込んでいる。新プランの1店舗あたりの月間オンライン予約人数は45名程度となり、9,000円程度のARPUの上昇となっている。

とあります。

仮に全店舗が新プランだったとすると、1店舗あたり月45名ずつ送客しているとすれば、オンライン予約稼働レストラン数は、19,556店舗となります。

ちなみに、2016年11月からの新プランでは月額1万円のライトプランが廃止され、最低月額が2.5万円に引き上げられました。さらに新プラン加盟店の方が旧プラン契約者より上位表示され、ネット予約の際にTポイントが貯まるようになるそうです。


ぐるなびのオンライン予約サービスの現状

続いて、ぐるなびの2016年10月から12月期の決算を見てみます。

■ぐるなび 2017年3月期 第3四半期決算説明会資料(2017/2/2)

ぐるなびは有料加盟店数は増加していますが、店舗あたりの月間売上が減少している傾向にあります。

決算の質疑応答を見ると、

Q. 決算説明会資料6ページに「新規加盟店に対して、今後増額提案を実施」との記載があるが、どのようにして増額を図っていくのか?

A. 販促⽀援の領域では⼀般的に、加盟から1年程度は基本加盟プラン(年間12万円)のみの契約で、忘年会シーズンなどにスポット的に販促商品を利⽤する加盟店が多い。スポット的に利⽤した販促商品の効果を実感した加盟店は、年間販促パック(年間60万円以上)への増額を検討する。さらに、今後は販促以外の領域においても飲⾷店を⽀援していく。⽀援領域の拡⼤に伴い、既存加盟店においても更なる増額が期待できると考えている。

とありますので店舗あたりの月間売上が減少している原因は、新規開拓を増やしているためということが言えるでしょう。

また決算資料にはオンラインの即時予約に対応している店舗数の記載はありませんが、質疑応答には以下のような記載がありました。

Q. オンラインでの即時予約に対応している店舗数は?

A. 12⽉末で15,000店程度。


ホットペッパーのオンライン予約サービスの現状

ホットペッパーを提供するリクルートの2016年10月から12月期の決算を見てみます。

■リクルート2017年3⽉期 第3四半期決算(2017/2/13)

9ヶ月間で3,692万人のネット予約を受け付けたという記載があります。

月間あたり410万予約(3,692万⼈/9ヶ月)という計算になります。YoY +35.6%の成長です。


まとめ

レストランのオンライン予約で重要な2つのKPIについて簡単にまとめます。

オンライン予約受付店舗数
  食べログ: 推定19,556店舗
  ぐるなび: 15,000店舗
  ホットペッパー: 33,000店舗(2015年1月時点

月間予約人数
  食べログ: 264万人(YoY +125%)
  ぐるなび: 非公開
  ホットペッパー: 410万人(YoY +35.6%)


世界最大のオンラインレストランサービスを展開する「OpenTable」は、アメリカ、日本、イギリス、カナダなど8カ国でサービスを展開し、加盟店数は3.8万店超、月間利用者数は2,000万人超という発表がされています。日本の店舗数・月間予約人数と比較すると、まだ予約数は伸び代がありそうです。

一部非公開の数字があるため単純な比較はできませんが、オンライン予約受付店舗数に関しては約1.5万店舗から3.3万店舗と各社で差があります。

月間予約人数に関してはこれまではホットペッパーが大きくリードしていた印象ですが、食べログが一気に急成長してきた印象があります。ぐるなびに関しては数字が公開されていないため全く読めませんが、いずれにしてもこのオンライン予約市場は引き続き三つ巴の戦いが続くのではないかと考えられます。

あとは、2015年末に一休を買収したヤフーが最近宿泊やレストランのオンライン予約で様々なサービスを展開しているようなのと、実名の口コミで急成長している「Retty」はアプリのアクティブ利用者数が多く、世界最大手のネット予約サービス「OpenTable」と提携したので、これらの成長も気になるところです。


----------------------------

1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定の「有料マガジン」もあります。是非ご覧ください。

気に入ってくださった方は、↓から「スキ」「フォロー」してください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
18
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。