見出し画像

【web3事例DB】6/2更新: ゼロ知識証明を活用したスケーリングソリューション開発のStarkWare、Esports 3.0 Platform運営のGEMS等

決算が読めるようになるノート

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の6/2分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$10M(約10億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、6/2更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

6/2の更新情報

今週の更新分では、以下の17件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Enhanced Digital Group: $12,500,000(5/26)

  • MetaKing Studios: $15,000,000(5/25)

  • Babel Finance: $80,000,000(5/25)

  • ZenLedger: $15,000,000(5/25)

  • StarkWare: $100,000,000(5/25)

  • Flowcarbon: $70,000,000(5/24)

  • Commonwealth: $20,000,000(5/24)

  • BUD: $36,800,000(5/23)

  • GEMS: $50,000,000(5/23)

  • Hedonova: $18,400,000(5/23)

  • izumi Finance: $30,000,000(5/20)

  • Gopax: $23,700,000(5/20)

  • SingularityDAO: $25,000,000(5/19)

  • Azra Games: $15,000,000(5/19)

  • NodeReal: $16,000,000(5/18)

  • Enry's Island Italia: $21,425,000(5/17)

  • Coinhako: $10,000,000(5/16)

今週の1億ドル以上の大型調達案件としては、イーサリアムのLayer2スケーリングソリューションを開発するStarkWareのみでした。
件数は17件とこれまでと比較して少ないわけではありませんでしたが、5,000万ドル以下の調達が多かったです。

今週もweb3らしさを感じられるプロジェクトの調達がいくつも見られました。そのうち、簡単にだけプロジェクトをご紹介します(詳細や全リストはweb3事例データベース購読者向けの内容となります)。

6/2更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

ゼロ知識証明を活用したスケーリングソリューションの開発 StarkWare

StarkWareはゼロ知識証明を活用したイーサリアムL2技術開発を行っています。数百のトランザクションを1つに統合することで、ガス代を大幅に削減することを目指しており、dYdX、Sorare、Immutable Xなどのブロックチェーンプラットフォームで活用されています。

Esports 3.0 Platformの運営 GEMS

GEMSは独自のO2Oシステムを持つEsports 3.0 Platformを運営しています。東南アジアを始めとするアジア全域のホテルネットワークを活用することで、オンラインとオフラインでのタッチポイントを実現しています。80社以上のeスポーツおよびブロックチェーン企業がパートナーとなっています。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!


この続きをみるには

この続き: 572文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 1 / 1

【web3事例DB】6/2更新: ゼロ知識証明を活用したスケーリングソリューション開発のStarkWare、Esports 3.0 Platform運営のGEMS等

決算が読めるようになるノート

50,000円

決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。