見出し画像

【web3事例DB】7/13更新: ゲームに特化したパブリックブロックチェーンのOasys、グリーンブロックチェーンプロトコル提供のrubix等

決算が読めるようになるノート

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の7/13分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$10M(約10億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、7/13更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

7/13の更新情報

今週の更新分では、以下の7件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Oasys Games: $20,000,000(7/6)

  • Planetarium: $32,000,000(7/6)

  • Rubix: $100,000,000(7/5)

  • H2O Securities: $150,000,000(7/4)

  • BKN301: $15,650,000(7/4)

  • Sifu Vision: $25,000,000(7/1)

  • Game Space: $10,000,000(6/25)

今週の1億ドル以上の大型調達案件は、L1グリーンブロックチェーンプロトコルを提供しているRubix、水インフラのための資金不足を解決するH2O Securitiesがありました。
今週もweb3らしさを感じられるプロジェクトの調達がいくつも見られました。そのうち、簡単にだけプロジェクトをご紹介します(詳細や全リストはweb3事例データベース購読者向けの内容となります)。

7/13更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

ゲームに特化したパブリックブロックチェーン Oasys

Oasysは、ゲームに特化したパブリックブロックチェーンです。OasysはEVM互換性のあるプロトコルで、EthereumのLayer2スケーリングソリューションを利用したLayer1「Hub-Layer」と「Verse-Layer」というLayer2の多重構造を持っています。

グリーンブロックチェーンプロトコルの提供 rubix

rubixは、個人間でのデータ転送と取引のためのL1ブロックチェーンプロトコルを提供しています。取引手数料なし、最小限のインフラコスト、高いセキュリティとプライバシーを備えており、1トランザクションあたり1kWh以下の消費量を実現しています。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

この続きをみるには

この続き: 363文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 1 / 1

【web3事例DB】7/13更新: ゲームに特化したパブリックブロックチェーンのOasys、グリーンブロックチェーンプロトコル提供のrubix等

決算が読めるようになるノート

50,000円

決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。