【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

ヤフーとFacebookの1ユーザーあたりの広告売上は実は大差ない!?

ヤフーとFacebookの1ユーザーあたりの広告売上は実は大差ない!?

ヤフーが2016年1-3月期の決算を発表しました。Eコマースでの大量広告投入が話題になりがちですが、本業の広告ビジネスをちゃんと見てみたいと思います。 ヤフーと言えば、PCでは完全に「王様」だったわけで、その王様がモバイル(スマホ)対応をちゃんと出来ているのか、という視点で見たいと思います。 スマホ広告の「王様」と言えば、Facebookです。Facebookほど上手にスマホ化の波に乗った会社は他にないでしょう。比較のためにTwitterも併せて比較してみます。 ヤフー

18
500
Twitterは「有料化」が必要なほど深刻な赤字なのか?

Twitterは「有料化」が必要なほど深刻な赤字なのか?

Twitterの2016年1-3月決算が出ました。結果だけを見ると、$80m(約89億円)の営業損失(Net Loss)となっており、ネット上では、「Twitterは有料化しないと危険なのではないか」という声まで出て、それに対して、Twitter社が自ら、 と否定するアナウンスを出すほどでした。今日は、この営業赤字がどの程度問題なのか、という点を詳しく見ていきます。 報道は「営業赤字」を強調、会社発表では「EBITDAがYoY +73%で成長」を強調 まずは、決算の概要

22
500