【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

任天堂が今すぐやるべきたった一つのこと

任天堂が今すぐやるべきたった一つのこと

ポケモンブームが冷めない中、任天堂の2016年4-6月期の決算が出ました。 売上が620億円、営業損失が51億円と、売上大幅減(YoY -31.3%)、大幅減益、営業赤字のトリプルパンチという非常に辛い決算になっています。 また、多くの人が「ポケモンブームで任天堂が復活するのでは?」と期待していましたが、数日前に「『Pokémon GO』の配信による当社の連結業績予想への影響について」というプレスリリースを出したことで株価も以下のようにガツンと下がっています。 さて、本

スキ
46
有料
500
決算発表が早い会社と遅い会社(経営者・IR担当者必見!?)

決算発表が早い会社と遅い会社(経営者・IR担当者必見!?)

突然ですが、皆さんは子供の頃、「夏休みの宿題」はいつ終えていましたか?夏休み前に終えてしまって夏休みを満喫した人もいれば、夏休みの最終日まで溜め込んで、最後に全部まとめてやる、という人もいたでしょう。 私の場合は、決算を見るのが「習慣」になっていて、完全に身に染みてしまっているので、どの会社がいつ決算を出すか、というのを常に注視し続けています。(なぜこんな「習慣」が身についたのかはまた機会を改めて...) 決算発表には、会社の性格がモロに出ます。内容だけではなく、発表する

スキ
31
有料
500